日本の人口危機:バーチャルリアリティは、人口の減少と出生率の低下のために選手を見つけるのに苦労する農村スポーツクラブに解決策を提供することができますか?

1 min read

日本の出産率は減少しており、人口も減少しています。 一部の子供にとって、これはクラスメートと一緒にチームスポーツをする単純な喜びをもはや当然とは思わないことを意味します。 ある遠隔高校がこの問題に苦しんでいる中、ある技術企業が仮想現実ソリューションを提供しています。

3月のある曇りの日、沖高校野球部は練習が予定されていました。 残念ながら、チームのメンバーは一般的な9人以上ではなく8人だけです。 雪上の家で4人の選手が痛くなったり怪我をしたりして家にいます。 このような最近のイライラは、トレーニングセッションでさえほとんど価値がないように見えるようです。

20年前だけでも学校に名門高校野球全国大会で優勝した優秀なチームがあった時代とは格段の違いがあります。

沖高校は本州本島から約80kmの島根県道後県沖ノ島町に位置しています。 都市の人口は約13,000人ほどで、ますます減っています。 住民の40%以上が65歳以上だ。

沖ノ村は日本西部島根県道後の島に位置しています。

16歳の平田正樹は島で育ち、小学校から野球をしてきました。 しかし、高校生になると、彼は自分の好きなスポーツをあきらめるべきではないかと心配し始めました。

平田正樹は沖高校野球部の会員である。

彼は学校の野球部のメンバーが皆先輩であり、自分が入団する前に卒業するという事実に気づきました。

平田は彼の友人の一部が彼らが好きなスポーツを楽しむことができる学校に通うために島を去ったと言いました。 しかし、彼は滞在し、島に移住した5人の新入生のおかげで、学校はチームを構成するのに十分な人数を集めました。

平田は小さなチームが全部悪いわけではないと言う。 彼はより多くの機会を持ってプレイし、経験を積むことができる。 だが難しさも伴う。

「通常、プレーヤーはランナーをベースにしてさまざまなシナリオをシミュレートする練習をしていますが、私たちは8人のプレーヤーではそうすることはできません」と彼は言います。 「私たちは学校の他のクラブで選手を借りなければならず、彼らが来るのは必ずしも簡単ではありません。」

人口統計的変化

日本の高校生の人口は過去30年間で約50%も減少しました。

日本の高校生の数が減少しています:教育省の資料。

学生数が足りないため、多くの学校が統合または廃校されています。 一部の農村地域の学校では、チームスポーツも提供されず、代わりにテニスや水泳などの個人的な活動に焦点を当てています。

打撃練習に役立つVRソフトウェアとは何ですか?

沖高校の選手不足の問題は東京に本社を置くソフトウェア会社NTT DATA Japanの関心を集め、NTT DATA Japanは3月にバーチャルリアリティトレーニングツールの試用版を提案しました。

沖野高校野球チーム選手がバーチャルリアリティスポーツトレーニングヘッドセットを着用しています。
チームメンバーがモニターをチェックしている間、選手はバットを振り回しています。

ヘッドセットは打席から見える様子を示しています。 プレイヤーは、仮想投手が投げたボールに合わせてバット型のデバイスを振り回す。 このソフトウェアを使用すると、ローブから大谷翔平スタイルの時速160kmのファーストボールまで、約200種類のさまざまなヘルムを対戦することができます。

VRヘッドセットは打撃の軌跡を示しています。

この打撃シミュレータはスイングを練習する以上の役割を果たします。 ユーザーは独自のゲーム条件をシミュレートし、特定のイニングを設定し、ロードするベースを決定できます。

野球シミュレータのメニューにはさまざまなオプションがあります。

平田の場合、シミュレータが人気を集めました。 「本当に驚きました」と彼は言います。 「私たちのチームがいつも練習する方法ではなくて面白いです」 そして今、彼は実際のチームメンバーが何人であっても、自分のスキルを磨くことができます。

学校ではまだ技術を導入するかどうかを検討していますが、チームマネージャーの関田富岡(Tomioka Kanta)は熱心です。

実際、野球は多くのスペース、機器、人が必要だと彼は言います。 「このデバイスを使用すると、子供たちは非常に少ないツールで一人でもプレイを始めることができます」 彼は言う。 「これは人々に野球に入門する機会をもっと与えると思います。」

関田富岡沖高等学校野球部監督

長所と短所

スポーツと教育の関係を専門に研究する早稲田大学の中沢敦教授は、この技術がスポーツへのアクセシビリティを高めるのに役立ちますが、同僚と学ぶことの重要性も指摘しています。

早稲田大学の中沢厚司教授は、同僚と一緒に学ぶことが大切だと言います。

「彼らは、過去にいたメンバーの数がなくても、このクラブを運営し続けることができます」と彼は言います。 「しかし、これを使っているなら、チームメイトは必要ありません。私たちは仮想現実から何を得たいのか、そしてそれが私たちにとって何を意味するのかを一生懸命考えなければならないと思います。」

日本では、学生が一年中1つのスポーツ、1つのクラブに専念する傾向があります。 中沢は「アメリカではスポーツクラブがあるシーズンで試合を繰り広げる」と語る。 彼は「このような柔軟なシステムは学生にもっと機会を与える。学生が少ないということは選手も少ないことを意味する。しかし、複数のチームでプレイすれば、一人の学生が突然2~3人を代表することになる」と付け加えた。

子供たちがいないということは、これらの学生が正当に受け取る機会を得られないことを意味します。 スポーツを除いて、彼らは以前に来た人と同じ経験を得ていません。

日本は人口が減少する世界最高の国の一つです。 しかし、私たちは他の方法で主導することができます。 我々が努力すれば、技術と改革によってこれらの問題を解決することができます。

チームメンバーがVRヘッドセットを着用して練習しています。

READ  G7は、排出量を削減する新興国を支援する必要があると日本の西村氏は述べた。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours