トップニュース

日本の代名詞佐々木ロッキー(20)が19三振無失点パーフェクトゲームを投げた。

投手系の代名詞佐々木ロッキーは日曜日日本最高のプロリーグで記録的な活躍を繰り広げてパーフェクトゲームを投げて19個の三振を捕まえた。

日本のマスコミによると、佐々木(20)は1994年以降、日本のプロ野球で初のパーフェクトゲームを記録し、リーグ史上16回目のパーフェクトゲームを記録した。

千葉ロッテマリンズの右腕ササキはオリックスバッファロースを相手に三振19個でNPB新記録を立てた。 刑務所通信によると、彼は日本のプロ野球史上チェ・ダインハンタ店13連続ヒットも記録した。

いくつかのメディアによると、ササキは試合後「これが最高だ」と正直、可能性は考えなかった。 [of a perfect game]。 ヒットをあきらめても大丈夫だと思って投げて信じて [catcher Ko] 松川、最後まで」

刑務所ニュースによると、日常的に100マイルを突破する直球と強力なフォークボールを備えた佐々木は、日本のプロ野球史上94回目のノーヒット記録を達成するために105個の投球が必要で、2020年8月15日以降初めてです。 刑務所によると、1994年5月18日以降、NPBの最初のパーフェクトゲームだった。

海兵隊の監督である井口忠人は、記者たちに佐々木の才能について「疑いの余地がない」と話し、海兵隊の18歳の新人キャッチャーである松川を賞賛した。

イグチは記者たちに、「これは誰もが経験できるわけではないので、良い経験です」と言いました。 「こんなに素晴らしい試合を呼び起こし、バットも上手くやった松川にボールを回したい。両方の選手ともバッテリーが相当だ」

ササキは速い速球のおかげで高校投手で頭角を現すようになり、メジャーリーグ野球チームの幅広い関心を受け、2020年18歳の年齢で千葉ロッテに入団したことが分かりました。

イグチは「彼はうまくやっているが、キャリアの初期にこのような試合をしたのは驚くべきことだ」と語った。 「彼を疑う人はいないようだが、今日は打者すらないことがさらに強調された。」

READ  米軍、日本と韓国で少数の新しいコロナウイルス事例報告 - 太平洋

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close