トップニュース

日本の企業は、サプライチェーンでの人権調査

TOKYO-日本企業は、人権記録が疑わしいサプライヤーとの取引しないように、グローバルなサプライチェーンを新たに検討しています。 また、児童労働、強制労働やその他の違反の兆候があるかのベンダーの運営を綿密に調査し、倫理基準を満たしていないパートナーを交換しています。

より多くの西欧民主主義国家が企業が人権規範を遵守していることサプライヤーと下請け業者を監視するように要求する法律を制定しています。 日本企業は、サプライチェーンでの人権リスクを追跡し、公開しなければならないという国際社会の圧力が大きくなっています。

関心を集めている傾向は、ビジネスに難しい課題を提起します。

「人権デューデリジェンス」は、製造、販売、およびその他の操作で強制労働や嫌がらせなど、さまざまな種類の人権侵害を識別し、除去するための企業の努力を意味します。 自分の運営だけでなく、サプライヤーやビジネスパートナーの運営も監視する必要があります。 違反を防止したり、是正するための措置を含む関連情報の開示は、プロセスのもう一つの重要な部分です。

欧州議会は、欧州連合の材料、または動作している企業に対して、幅広い人権デューデリジェンスの要件を導入することを決めました。 EUは今年上半期に加盟国に企業がバリューチェーン全体にわたって、そのようなデューデリジェンスを実行するように要求する法律を通過させることを促す指示を発行することが予想されます。

これらの世界的な傾向に基づいて、日本政府は、昨年に企業が人権にもっと注意を払うことを要求する行動計画を採択しました。 日本はまた、来月改正されると、上場企業のコーポレートガバナンス規定人権条項を追加する予定である。

日本企業の中で飲料メーカーアサヒグループホールディングスは、今年のコーヒー豆の生産などの乱用のリスクが高い分野を中心に、海外パートナーの人権遵守を現場調査する予定である。

貿易会社Itochuは、マレーシアとブラジルのサプライヤー農場や工場で児童労働や不法低賃金などの人権侵害のリスクを評価するためにアンケート調査を実施しました。 また、照射範囲を他の事業領域に拡大する計画です。

UniqloオーナーであるFast Retailingは、中国およびその他の国で回使用の衣類を作る600以上の工場で労働条件を監視します。 人権記録が良くないベンダーは、会社との取引を失う危険性があります。

企業は事業所またはサプライヤーと下請け業者の人権侵害が発見されると、国際的な名声に深刻な被害を与え、訴訟やボイコットの危険に直面することができます。

開発者Mitsubishi Estateは建物の建設に使用されるダイス合板に関連する人権問題を解決します。 2030会計年度までの会社は、国際人権基準を満たす製品のみを使用します。 これは、インドネシアのような国では違法伐採と先住民の土地略奪への批判への対応である。

人権問題は、世界中の様々な企業、特に食品や衣料産業の企業との倫理的必須になりました。 これらの懸念の主な国際的な対応は、2011年に採択されたUNの「ビジネスと人権に関する指針」です。この世界標準は、企業が人権を尊重する責任を認識し、業務に関連する乱用に対する救済措置を求めるする手順を説明します。 。

ミャンマーの軍事クーデター、腎臓地域のウイグルのイスラム教徒のための中国の待遇に対する批判、アメリカの人種差別は人権に対する国際的な関心の新しい波を引き起こした。

腎臓で強制労働をしたと主張する米国は、中国自治区で行われた面製品の輸入を禁止しています。 2020年3月にオーストラリアのシンクタンクが強制ウイグル人労働者を使用すると思われる工場と取引するグローバルブランドのリストを発表したとき、14個の日本企業がリストに含まれていました。

一つは、電気機器メーカーである東芝(Toshiba)が介入を否定したが、強制労働を使用すると思われる地域の工場と取引をしたことが判明しブランドのライセンスパートナーとの取引を中止することを決定しました。

2020年7月に東トルキスタン国旗の色で塗られたマスクデモが、中国の伸長性ウイグル族処遇に抗議するために東京の街に出る。 ©ゲッティイメージズ

しかし、世界的なブランドは、人権問題を扱うとき、多くの場合、他のビジネスリスクに直面する。 例えば、中国でウイグル人の人権侵害の疑いの批判に対応する企業は、中国の巨大な市場で消費者の不買運動をする危険性があります。 一方、ミャンマーでは単に法人税を納付することは、その国の軍事政権を支持することで非難されることがあります。

企業の政治的リスクが大きくなり、投資家は、企業の社会的責任にもっと注意を払っています。 UNの責任ある投資原則は、ESGの一環として、社会的責任の重要性を強調したり、COVID-19流行に伴う環境、社会的およびガバナンスの投資の重要性を強調します。

1月には、世界最大の資産管理者のBlackRockはコロナウイルスの発生にマレーシアの会社が工場やその他の労働者を接することについて批判して会社取締役6人の再選に反対しました。

Nishimura&Asahiの国際法律事務所の弁護士であるJunko Watanabeは、今後、人権関連の売却が増加すると言いました。 これに対処するために、日本企業は法務の調達に至るまでの部門を包括する断面構造を作るトップダウンアプローチが必要であるとWatanabeは言う。

READ  9回表2死からメヒアの劇的弾ライナーで逆転! 埼玉西武が少なく、カード逆転[8/30 경기 결과]- スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close