経済

日本の企業は、二倍の投資誘致

Ramon Lopez貿易大臣は、日本企業が、特に製造業とサービス部門で、フィリピンへの投資を二倍でなくても2倍にすることを推奨しました。 Sumitomo Mitsui Banking Corp. Group Japan Virtual Roadshowで講演したLopezは日本の投資が繁栄する可能性があり、投資をよくすることができる産業を強調しました。 彼はフォーラムで「特に製造、建設、サービス、および再生可能エネルギーの分野で将来の日本の投資家と既存の投資家のための大規模なビジネスの機会がある」と述べた。 彼は “フィリピンはROHM、Sharp(41)、Panasonic、Tsukiden、Nidec、Epson、Canonのように、20年以上、私たちと一緒に日本の電子会社があるという事実を知ることになって嬉しく思います。」と言いました。 彼強調した産業の中の半導体や電子産業があります。 医療機器、電子製造; 電子製品製造サービスと独創的なデザインの製造。

コメント免責事項: このウェブサイトに掲載された読者の意見は、Manila Standardの承認を受けたことがありません。 コメントは表現の自由を行使するmanilastandard.net読者の意見であり、必ずしもmanilastandard.netの立場や視点を示すか、または反映することはありません。 攻撃的またはわいせつマニラスタンダード編集の標準と一致していないと見なされるコメントを削除することができますこれらの出版物の権利を留保がマニラスタンダードは、読者がこのコメントセクションに投稿された誤った情報について責任を負う場合があります。

READ  日本の鉄鋼大手、緑のレースでリサイクル金属に転換

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close