経済

日本の企業は、ADNOC、UAEアンモニア生産可能性調査

2019年5月29日、アラブ首長国連邦アブダビのADNOC本社の一般的な外観。 REUTERS / Christopher Pike

日本のInpex Corp(1605.T)、JERAとJapan Oil、Gas and Metals National Corp(JOGMEC)は、木曜日にAbu Dhabi National Oil Company(ADNOC)と妥当性を調査するために合意したと発表した。 アラブ首長国連邦(UAE)でアンモニアを生産しています。

日本最大の石油・ガス会社であるInpex、日本最大の発電機であるJERAと国営JOGMECはADNOCと協力してアンモニアを日本で生産して輸送する商業的可能性を研究すると、彼らは声明で述べている。

アンモニアは、肥料や産業資材として使用され、水素と一緒に、効果的な未来のエネルギー源としても見なされます。 燃やしても二酸化炭素を排出しませんが、化石燃料にすると、排出される。

4社は、アンモニア生産から排出されるほとんどのCO2を隔離してアブダビ陸上油田の改良された石油回収作業に活用できるように、天然ガス由来の水素で、二酸化炭素排出量を減らしたアンモニア生産の可能性を探索する予定です。 。

JERAスポークスマンは11月まで共同研究を完了することを目標にしていると述べた。

日本は現在、0から2030年までの国のアンモニア燃料需要を年間300万トンに増やし、CO2排出量を削減し、気候変動に対処するための新しい燃料サプライチェーンを作成する目標を設定しました。

大林優香レポートマーク・ポッター編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  米国、ミャンマークーデターで、インドと日本と連絡:国務省の管理

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close