経済

日本の企業は、COVIDヒットにもかかわらずFY2021にCapex反発

日本企業のほぼ4分の3が3月終わる会計年度から、今後の事業年度に資本支出を安定的に維持するか、増加させると予想するロイターの月間調査によると、コロナウイルスの復活のために不確実性にもかかわらず、明らかになった。

最近の調査では、世界で3番目に大きい経済の民間需要主導の回復を維持するために、デジタル変換と緑の技術などの分野への投資に依存している政策立案者に少しの安堵感を与えることです。

政策立案者は、最近、東京と他の10県での緊急事態を宣言した場合の経済を生き返らせ、ウイルスを抑制しなければならバランスをとるのに苦労しながら、企業と消費者心理が弱体化されることがあると憂慮しています。

した卸売管理者は、1月24日に「私たちは、制限のない投資を避けなければならが、在宅勤務を裏付けるためにIT(情報技術)のような分野での資本支出に対する統制を緩和することができません」と書きました。 13調査。

産業ゴムメーカーの管理者は、「米中貿易摩擦が長くなる場合、サプライチェーンのレビューへの投資コストが増加するだろう」と書きました。

日本の銀行(Bank of Japan)が綿密に観察した「tankan “ビジネス調査によると、先月、大企業は、復活したウイルスが原因で不均等な経済回復への懸念を呼び起こす部分的な利益の減少により、今回の会計年度に資本支出を削減すると発表した。

企業は、売上高が8.6%減少したことにより、今年の会計年度に経常利益が35.3%減少すると予想した。

憂鬱にちなみに、日本企業の3分の1だけが、来年に2019会計年度で見ることができたレベルに完全に回復された利益を受けたことがわかった。 コロナウイルスは、経済を深刻な低迷に追いこむ直前でした。

日経リサーチがロイターを対象に実施した調査では、482個の大企業と中小非金融日本企業を調査ヘトウミョイの約半分が匿名を条件に応答しました。

回答者は、今後の会計年度の事業の支出のための最も一般的な焦点は、修理/再開組、デジタル化、および容量の向上/事業拡大にあると回答者は言いました。

キャピタルエコノミーズの日本経済学者であるトム・リアマスは研究ノートの「昨年末に企業の投資が強く反発しました。今後数ヶ月の間に非投資がより回復すると予想されます。」と書きました。

「我々はすでにビジネスの投資が2022年にウイルス以前の水準に回復すると予想されます。これは、世界的な金融危機以降、7年が過ぎたよりもはるかに速い速度です。 “

(ロイター)


READ  SailPointは日本の新しい支社に拡大

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close