日本の会社、訴訟後のゴッホ所有権の防衛

1 min read

1987年オークションで獲得したゴッホの「ひまわり」に対する元所有者の家族が返還を要求する米国訴訟を提起した後、日本会社が所有権を弁護しました。

有名な静物画の5つのオリジナルバージョンの1つであるこの作品は、ロンドンのChristie’sにある保険会社Sompo Holdingsの全身が4千万ドルで購入し、しばらく世界で最も高価な絵になりました。

35年間東京蘭浦美術館に展示されたが、最近は第二次世界大戦以前のドイツでの以前の売却を中心に法的争いの対象となった。

この絵の元所有者であるユダヤ人銀行家ポール・フォン・メンデルソン・バルトールディの家族は先月、イリノイ州で作品返還と数億ドルの損害賠償を要求する訴訟を提起した。

彼らはSompoの前身であるYasuda Fire & Marine Insuranceが、「1934年にMendelssohn-Bartholdyがナチスドイツで絵を強制販売することを含む、そのソースを無謀に無視し、」絵を買収したと述べています。

訴訟は、「Sompo Holdingsは、洗練されたブランディング戦略を通じて、数十億ドルの不当利得を得るためにペインティングを不当に使用した」と述べた。

「被告人は彼らが長い間知っていたが、ナチスによって汚染された芸術品であることを企業の象徴として商業的に利用していました」。

しかし、ソムポホールディングスは火曜日AFPに声明を出し、「苦情の主張を断固として拒否する」と話し、絵の所有権を弁護した。

同社は「「ひまわり」に対する所有権を積極的に守る」とSompoは付け加えた。

相続人がリターンしたい唯一の作品ではありません。

彼らは他の場所でも同様の訴訟を提起し、2020年にワシントンDCの国立美術館はピカソの絵を家族に返しました。

1980年代と90年代の日本の泡経済がピークに達したとき、裕福なビジネスマンは絵を投資するために集まりました。

製紙財閥斉藤涼永も1990年、ゴッホ作品「ガシェ博士の肖像」を8250万ドルで購入しました。

斉藤は死んだときに自分の高価なキャンバスを棺に入れて一緒に化粧すると言ったときに怒りを呼び起こしました。 彼は後で撤回した。

nf/カーフ/smw

READ  日本のマコ姫、平民と結婚、王室の地位を失うニュース、スポーツ、採用情報
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours