経済

日本の伝統的なお正月の食事を包み込んだグローバル価格引き上げの波

読売新聞
東京中央区にある高島屋製のおせち料理。

ロシアのウクライナ侵攻は、今後の日本の新年祭の準備に長い影を与えています。

暑さが一杯になった中、デパートでは、旧正月休みに食べる伝統料理のおせち弁当を予約注文するための販売競争が加熱され始めた。

しかし、ロシアの措置による国際価格上昇の波は、さまざまな食品品目をさらっており、製造業者は価格を下げるために入手しにくい材料の代替品を見つけたり、品質の低い品目を使用するようになった。

去る9月16日からオンライン注文受付を開始した大型デパート高島屋のおせちメニューラインナップは「おせちの華やかな選択」を意味する「料理通りいろどりおせち」だ。 価格は12,000円からで、和食、洋食、中華30種、お菓子12種を選べる。

来年なら世界はコロナ19ファンデミック以後3回目のお正月を迎える。 その間、外出を控える人々が家庭で消費に変わり、大成製品のオンライン注文が増加しました。

高島屋担当職員は「昨年に比べて予約が多く増えた」と話した。 「一人前のおせちを含む文化が広がりました」

今シーズン、高島屋は約1,150品目を提供し、シーフードやその他の製品の価格が上昇するにつれて、価格は平均7%引き上げられました。

木曜日からオンライン注文を始めた大丸松坂屋デパートは、おせち価格を5~10%引き上げた。 大丸関係者は「材料や箱などの購入費用が高くなり、価格引き上げを決めることになった」と話した。

同様に、伊勢丹三越株式会社も10%以上の価格引き上げを計画しています。

円安も要因

おせち料理にユニークな視覚的魅力を与える食品、特にシーフードの価格が高騰しています。

総務省が発表した7月の消費者物価指数によると、サーモンは21.9%、タコは15.5%、サーモン卵は13.8%上がった。 ロシアからの輸入が減少し、市場価格が上昇し、漁船の燃料コストが上昇することも影響を与えています。

消費トレンドを専門とするNLI Research Instituteの上級研究者であるNaoko Kugaは、「多くのオセチ材料が輸入されています」と述べました。 円の急激な弱さもある要因」と話した。

カニの調達が困難なため、一部のメーカーはそのアイテムをエビに置き換えました。

コンビニエンスストアチェーンオペレーターLawson, Inc.は、標準的な形や大きさではなく、ニシンの卵と立巻ロールオムレツを使った「モーターダイオセチ」という意味の「モーターダイオセチ」という1,706円の食事を提供しています。 。 環境を考えるローソンは、包装に種や他の材料を使用してプラスチックを減らします。 同社は9月13日から注文を受け始め、販売のために準備した500種類のメニューをすべて完売させたと明らかにした。

販売より楽観

デパートの運営者たちは、おせち販売戦争に大きな期待をかけている。

これは、ファンデミック以前に販売を促進した訪日外国人観光客の数が急減したにもかかわらず、日本の消費者が今やはるかに多くの支出をする意向があるからです。

高級和食レストランのシェフが監修する30万円以上のおせち料理には、ロブスターやカラスミアルなど高級食材がたっぷり入ったところもあります。

リサーチ会社の藤井圭吾(Fuji Keizai Co..)によると、大成の食事市場はファンデミックの中で成長した。

藤井浩二氏の三輪ファンアーズシニア研究者は、「価格の上昇により、製品全体の販売数が減少したとしても、全体の販売価値は増加するだろう」と述べた。

READ  ミャンマーに対する日本のアプローチ:外交リーダーシップや日常的なビジネス?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close