トップニュース

日本の佐川、2030年までに全ミニカー配送車に電気を供給する

東京-Sagawa Express宅配サービスを運営する、日本のSG Holdingsは、炭素排出量を10%以上削減することを目標に、2030年までに約7,000台のミニカーをすべて電気モデルに移行する予定です。

Sagawaは日本初の大型配信会社に kei 狭い道路がある住宅地域を探索するために頻繁に使用されているミニカー。 彼らは佐川配送車の約20%を占めています。

これらの変化は、部分的に電気ミニカーの最近の開発によって駆動された。 この運送会社は、日本のスタートアップASFと共同で設立した新モデルを採用する予定です。 背面に十分な収納スペースがある箱型フレームとパッケージを簡単に行うことができるデザインが特徴です。

ASFは、春ごろまで新しい車のプロトタイプを完成する予定です。 車両が商業的に発売され、他の物流プロバイダーにモデルを販売することができます。

Sagawaは2020年3月末にはほぼ27,000台の車を所有しており、このうち約4,000台のハイブリッドまたは天然ガスで駆動されるが、19台湾が完全電気式でした。 ほとんどのミニカーがリースされており、同社は電気のスイッチのコストを現在の契約とほぼ同じレベルに制限すると予想しています。

車で貨物を配送することは、炭素集約的な事業です。 Sagawaの海運事業は、2019年会計年度に約28万トンの二酸化炭素を直接生成しました。

2035年までにすべての新車に電気を供給することを目的とする日本政府と同様に、投資家だけでなく、パッケージの送り主と受け手は、環境、社会的およびガバナンスの問題にもっと注意を傾けました。 Yamato Holdingsをはじめとする他の配送会社、部分的に電気に変換する計画を立てました。

READ  Epic GamesのAppleの戦いでは、Microsoftも参戦!? - iPhone Mania

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close