スポーツ

日本の体操スター内村、4次のオリンピックに進出

3回のオリンピック金メダリストである日本の体操選手内村公平が日曜日に同点ゴールで代表1位を占めた後、4連勝に乗り出す。

内村(32歳)は、長い間、「King Kohei “として知られているスポーツで、あまりにも支配的であり、今回は暴行された体に休息を与えるために、水平バーのみの競争することを決めました。 これは彼がオールラウンドに参加していないことを意味します。 彼はかつて支配した大会。

合計7つのオリンピックメダルを保有している彼は、2016年リオ五輪で44年ぶりに男子体操選手となって連続オリンピック総合タイトルを獲得しました。 彼はまた、日本チームを金メダルに導いた。

しかし、ここ数年の間に負傷が彼に握っ彼体型を維持するのに苦労しました。 彼は最終的オリンピック桁を占めるために、水平バーに集中することを決定したが、選択は難しく一部はまだ、他の機器で競争するにいました。

内村はタイブレーキングポイントを受け取った後、きしみながら、自分の感情が複雑であると述べた。

「私のショーは、私は受け入れることができていることがなかった、と終わったとき、オリンピックに行かないと思った。しかし、私という言葉を聞いたとき、私は「本当に大丈夫?」と思った。」彼は試合後の記者会見で語った。

「今日の公演が終わっ私は本当に「キング」と呼ばれる資格がないと思いますよ。オリンピック前に、本当に練習が必要です。」と付け加えました。

「そのような高齢者のとして、新世代以降の公演は本当に難しかったです。」と彼は約10年後輩の仲間のチームメイトを話し、話した。 「私はチーム全体の努力に参加することができないかもしれないが、私の経験のためにまだ貢献することができていることがあります。 “

READ  長年のNeoPhoenix契約締結後、日本に長く滞在Thirdy

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close