トップニュース

日本の保育園の汚れたおむつルールは親を慌てる日本

日本の保育園の待機者リストがついに減っていますが、多くの両親は切望する場所の1つを確保するのに対価が従うことを知りました。 つまり、子供の汚れたおむつを家に持ち帰ることです。

調査では、一般的であるがほとんど議論されていない慣行に対する光が明らかになった。 日本の約40%の村と都市は、幼児の顧客の保護者に使用されたおむつを持って行くことを要求すると述べました。

「私はボートを振りたくないので、それが私を悩ませていると子供の家に言ったことはありません。 しかし、変です。」 あるお母さんは家に帰るとすぐに捨てるおむつ3~4個を袋に入れて子供を抱えて戻ってきます。

「私はなぜ彼らを家に連れて行かなければならないのですか?」 京都市政府が2011年からこの政策を施行している京都の保育所に通う二つの農家の娘を持つ女性が付け加えた。 毎日新聞

大阪に拠点を置く公立保育提供者におむつを供給する子育て支援会社であるベビージョブは、保育所を運営する1,461の地方自治体全体を調査した結果、39%が「テイクアウト」政策を運営していることを示している。出ました。

会社は、彼らが運営するセンターの1つだけで、親が毎日使用したおむつを持って家に帰るようにした場合でも、町と都市をリストに載せました。

調査では、49%がそのような要件がないことがわかり、11%は不明であるか、単に「その他」と答えました。

主な「加害者」は日本西部の滋賀県で、保育施設の89%が親におむつを家に持って行くよう要請した反面、東京は17%、沖縄南部は5%でした。

施設では、親が糞便を通じて子供の健康をチェックする機会を与えるという主張が多く、おむつを直接捨てることができる施設や予算がないと答えた施設も少なくなかった。

南西部の都市である福岡のある関係者は、おむつが再使用が普遍化していた時代の二日酔いだと話した。 市政府の子どもたち 未来国の安倍幸紀は、毎日新聞に「子どもの保護者が便の回数などの健康状態を追跡してほしい」と語った。

「保護者は、センターで個々の子供が使用するクレヨンやその他のアイテムを購入します。おむつも同様であり、保護者は廃棄費用を負担します。」

明治大学の社会学教授の藤田裕子氏は、この政策が日本社会の保育への昔ながらのアプローチを反映していると述べた。

彼女は「私たちの社会が一緒に子供を育てることに対する認識がほとんどないため、続くことができる」と話した。 「子供たちと彼らの排泄物の世話をすることは、母親の責任であるという考えが根付いています。」

昨年日本の出生児数は81万人で史上最低値を記録したが、保育施設不足に対するワーキングマムたちの怒りで地方政府は公営子ども屋を大幅に増やした。

福祉部によると、東京の幼稚園の割り当てを待つ子供の数は5年前に8,500人以上から約300人に減り、都市の80%はもはや待機リストがありません。

READ  ENEOSとAmple、日本でEVのバッテリー交換サービスを開始

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close