トップニュース

日本の保護区のサル、70年の歴史の中の最初のアルファ雌獲得| 日本の

類人猿の世界ではほとんど見られない現象で、Yakeiとして知られて9歳の女性が、日本九州島の自然保護区で677匹のニホンザルサルの群れのボスがいます。

上を向いたYakeiの道4月に大分市の高崎山自然動物園で自分の母親を勝ち部隊のアルファ雌がされ始めました。 それはほとんどの雌サルに頂点イオトゲトジマン、Yakeiは10kgの体重をオスの間に投げを決めた。

6月末に、彼女は5年間予備軍B群を率いアルファナム(31)サンチュに挑戦状を差し出した。

保護区の70年の歴史で一度も女性猿主任がなかった高崎山の驚いた管理人は、6月30日のグループのためにナッツを与え誰が最初に食べたのかを確認する「ピーナッツテスト」を実施しました。 Sanchuは退いてYakeiのアルファ状態を確認するために最初におやつを食べました。

高崎山のガイド木本智はガーディアンに「それ以来だケイは木に登って木を横に振ったのは、権力の表現であり、女性としては非常に珍しい行動だ」と語った。

「彼女は尾を振り上げ走り回っているが、これは女性にも非常に珍しいことです。」とKimotoは付け加えました。 彼は保護区のスタッフがYakeiの支配的ないたずらの原因について当惑したました。

1952年サル保護区に指定された高崎山には約1,500匹のサルが生息しており、A君とB君に分かれています。 サルは、主に保護区中央の緑豊かな山に生息し、自由に歩き回って、低地に降りてきます。 警備員が提供する料理。

ニホンザルの野生個体数は100,000頭以上と推定され、日本の4つの主要な島のうち3つ(九州、本州、四国)に広がっています。

時折、積極的なことが知られており、ハイカー、登山者や高崎山保護区の訪問者は、挑戦的解釈されるので、目を合わせることをお勧め。

READ  日本の最新の国、北京の南シナ海主張に競争| お

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close