経済

日本の個人データを保護するために、中国からのアクセスをブロック

日本のメッセージングアプリラインは、データ管理の実践についての調査が増加するにつれて、中国の関連会社と契約者が、日本のユーザーの個人情報にアクセスすることを防止した火曜日に発表した。

ラインはまた、日本のユーザーが投稿した画像や動画、ラインペイサービスの支払い履歴など韓国のデータセンターに格納された情報の一部を9月までに日本に転送すると発表した。

日本のメディアは先週Lineの中国の子会社の従業員4人の名前、ID、電話番号などの日本のユーザーに関する情報にアクセスすることができていると報道しました。 ラインは、中国の関連会社との契約業者を介してサービスを開発し、親会社である韓国ネイバーの現地子会社を開発した。

このデジャワ武ラインCEOは記者会見で、海外の契約業者の使用と海外データの保存が「適切に行われた」と話した。 「しかし、大きな問題は、私たちの個人情報保護方針に国の名前が明示されていないということです。」

テクノロジー企業が海外事業の一部をアウトソーシングすることは珍しいことではありません。 しかし、中国の国家情報法は当局が民間企業が管理しているユーザーの個人データへの潜在的にアクセスできるようにします。

海外建築業者を利用することは、日本の個人情報保護規則に違反することはありません。 しかしIdezawaは会社がユーザーの信頼を回復するために対応すべきだと言いました。

「それは合法性の問題ではない。ユーザーへの配慮が足りなかった」と彼は言った。

「ありがたいことに、ユーザー数に大きな変化がありませんでした。」とIdezawaは言いました。

Lineは、2011年6月に、インスタントメッセージングサービスを開始し、現在、日本では約8600万人のユーザーを記録しています。 同社はその後、電子決済、広告、その他のサービスに拡張され、日本の国と地方政府の一般大衆とのコミュニケーション、電子提出を許可する方法で使用されます。

東京大学のジョージ宍戸教授は「ラインは、ソーシャルインフラの一部となっている」とし、日本のインスタントメッセージングの分野で企業の独歩的な市場シェアを言及した。 同社はソフトバンクが管理するZホールディングス(旧ヤフージャパンで知られている)との合併が今月完了に伴い、国内での地位を拡大しました。

ラインは、ユーザー情報の不正なアクセスや漏洩がありませんでした。 しかし、会社がデータ管理のための世界的に調査が増加している中、グローバル展開を注視しながら、ユーザーに不適切に説明して慣行を変更したことについて謝罪しました。

来年に発効された日本の更新されたデータ、個人情報保護法に基づいて、企業は、特定の基準を満たしていない限り、個人データを外国に提供する際に、ユーザーの同意を求める必要があります。 この法律は、個人データの使用と関連して、ユーザーの自由と情報に基づいた同意を必要とする欧州連合の一般データ保護規定をモデルにします。

日本政府の個人情報保護委員会は、ラインに、会社の慣行が法律に適合するかどうかを決定するための情報を提供するように要求しました。

一部の日本政府機関と自治体は調査が行われている間、Lineの使用を縮小し始めました。

反発は合併後Z Holdingsの最初の主要なテストです。

Zホールディングスは火曜日、中国でのラインのデータ管理ポリシーを調査し、合併が完了する前の2月のラインについて質問した。

Z Holdingsは、2月の中国関連会社の参加を含むLineのデータガバナンスを調査するために専門家で構成され、特別委員会を構成しました。 火曜日Z Holdingsの株価は7月以来の低水準に落ちた。

会社のデータ管理の実践の精査は、ソフトウェアエンジニアの不足と格闘している日本の組織が敏感なユーザー情報を管理する外国企業に委託する方法について疑問を提起しています。 PIPCはこの問題について、他の日本の技術会社を調査する予定です。

READ  [스타 벅스 신작]ベリー×レアチーズの最強フラワーペア開発者の話ホリデーシーズンの条件と| ORICON NEWS

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close