技術

日本の億万長者前沢:宇宙に行けば地球に執着することになる

日本の億万長者、禅久前沢(Maezawa Yusaku)は先月12日間の宇宙旅行を終えて日本に帰ってきた。

12月に、46歳のファッション大物であり、アートコレクターは、国​​際宇宙ステーションで10年ぶりに宇宙観光客になり、2023年に計画されたElon MuskのSpaceXと一緒に、より野心的な月一周旅行を準備しました。 宇宙では地球に執着することになると金曜日の記者たちに言った。

日本で最も有名な公認の一人であるMaezawaは、無重力状態で車を作る方法を示し、新鮮な下着が不足していると話すことによって、宇宙でソーシャルメディアの信者を称賛しました。 金曜日に、彼は軌道で恐怖を感じたことがないと言った。 彼は「発売時の経験を楽しむことができた。 「駅で新幹線(新幹線)列車が出発するような感じがするほど滑らかです。

2019年のオンラインファッション事業であるZozoをSoftBankに売却したMaezawaは、来年に予定されたSpaceX月旅行の最初の個人乗客になり、彼が一緒にすることを約束した8人のアーティストに対する「百万」の支援を選別しています。 航海。 しかし、彼は「写真より100倍美しい」と言った宇宙から地球を眺めながら別の考えをするようになりました。

「世界の指導者たちが宇宙で一緒に集まることを考え始めました」と彼は言いました。 「もちろん、私はそうするほど強力な人ではありません。しかし、そうすれば、世界はより住みやすい場所になるでしょう。」

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  日本最大ケーブル事業者J:COM、10G広帯域に電力を供給するためにCommScope選択

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close