トップニュース

日本の先延ばし防止カフェでコーヒーや紅茶、残響

東京、4月26日(ロイター) – 締め切りを控えた作家たちが作品が終わるまで去ることができないという心を抱いて東京の「原稿執筆カフェ」を探す。

ああ、彼らはバックルを満たして終了するように促します。

東京西部のきれいで明るいこの場所には、作家、編集者、漫画家、文章や締め切りをおいて、お互いをお互いのために10席予約されています。 コーヒーと紅茶は無制限のセルフで、高速Wi-Fiとドッキングポートがすべての座席に設置されています。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

顧客が入力し、名前を書き、目標と完了時間を書き留めます。 彼らはまた、作業中に進行状況の確認を要求することができます。 「軽さ」は支払いどおりに完了したかどうかを尋ね、「普通」は毎時間チェックインです。

「ハード」を選ぶ人は、後ろに頻繁に立っているスタッフから静かな圧力を感じます。

所有者であり作家である川谷拓也(52歳)は、厳格なルールが人々の集中に役立つことを願っていると述べました。

愛情のあるKawaiは、「カフェはソーシャルメディアでの口コミがあり、人々はルールが怖いとか後ろから見ているようだ」と仕事を完了し、去った顧客の名前が書かれた掲示板を示しました。

「しかし、実際にはモニタリングではなく、それらをサポートするために来ました…結果的に、彼らは1日かかると思ったことを実際に3時間で完了したか、通常3時間かかる作業を一度に完了しました。」

カフェは最初の30分間130円($1.01)を請求し、その後毎時間300円($2.34)を請求します。 何人かの人々が公式の終了時間を過ぎてとどまったが、結局彼らはすべて仕事を終えた。

37歳で、ブログの作家であるEmiko Sasakiは、厄介なソーシャルメディアや電話通話から逃れる機会を楽しんだと語った。

彼女は「文に集中できていい」と3時間でブログ文3個を完成した。

もともとライブストリーミングスペースだったこのカフェはコロナウイルス感染症で大きな打撃を受けましたが、Kawaiは今新しい形式に対する口コミが広がり、希望を持たせました。

彼は「どんな作品が誕生するのか分からないが、ここに書かれた文が全世界に出版されるように応援できて誇らしい」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Elaine Liesの報告。 Emelia Sithole-Matariseの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本でコロナウイルスとの闘いに大きなピンクの猫が必要

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close