トップニュース

日本の先駆者たちが北にエゾに移住したとき

昔の日本は、新しい生活への道豊かません。 どこに行くことができますか? 森の中に? そうです。 多くの絶望的な農民たちは不法でそうしました。 現代までの動きは厳しく制限されているからです。 あなたが占領した地位で生まれ働い地に囲まれたあなたの危険にさらされ、主の無慈悲で飽くことのない税金空腹を避けるました。 チェックポイントを除いて、これは狭い山岳国です。 清算して耕作することができる森は限定的でした。

はるか北に蝦夷と呼ばれる暗い霧深い野蛮な土地がうっすら気づいた。 島でしたか? シベリアの一部? ごく少数の丈夫desperadosは、15世紀から海を渡って毛皮商人、ゴールド採掘者、商人や漁民に生き残るアトウミョ時には繁栄しました。 その初期の農業のために我々は、ほとんど何も聞いてませんでした。 先住民アイヌは、数千年の間にほとんど変わらない狩猟採集経済で繁栄しました。 彼らは何を必要としましたか? 土地は豊かだった。 魂は親切でした。 欲求は少なく欲求は単純でした。 熱心な入植者にこれらの評定は、新しい隣人の「野蛮」を証明しました。 それでも関係は友好的なようです。 アイヌは新人を呼んだ “シャモ「 – 」は良い隣人」 日本のナイフ、米、酒、遷移サーモンと動物の皮の代わりに、貿易が増加した。

アイヌ族の間では、戦争がほとんど知られていません。 彼らは非政府的不足はありませんでした。 小屋は “分け前、「各責任者は、社会組織が行く必要があるように遠く離れていた。 首長は狩猟の指導者、宗教儀式の対価、調停が必要な紛争の裁判官でした。 強力な、時には独裁的な人ですが、確かに戦士はありません。

1669年の戦争が勃発しました。 平和主義には限界があります。 シャモゴールド敗それらを超えた。 彼らは歓迎された金の; アイヌは無駄がありませんでした。 しかし、パンは、川を汚染させてサケを危険に陥れます。 停止しなければならなかった。

反政府勢力の指導者は、Shakushainという推奨でした。 彼は1000人の信者を集めました。 彼らはシーズ年齢から西に150km離れた城下町である松前まで行進し、トーチを持って虐殺しました。 が点灯すると炎が広がりました。 6月から10月まで激しくました。 多数が破壊されたが、ほとんど達成されていない。 シャモ抵抗が固まったら、それは誰もが認めるでした。 毒狩り矢の合計でした。 Shakushainの殺人で幕降りました。

それは、200年の間に維持されます。 再び浮かび上がる全く新しいドラマです。 1869年に蝦夷は、日本の一部である北海道になりました。 日本の最北端本島は「文明化され “搾取に熟した生の領土です。

日本は動いていました。 チェックポイントが消えました。 何世紀にも国を凍った政府は、現在、明治時代(1868-1912)の改革の手にあった。 人口の増加により、資源が不足しています。 生産性は上昇したが十分に速くはなかった。 空腹今、不安さあ、野心的な人、夢の今、理想主義者と馬鹿がどこでもラテンアメリカ、北米、アジア、南太平洋、北海道で海外に出てください。 偉大な世の中には運がありました。 全く新しい洞察力でした。

開拓は心が弱い人のためのものはありません。 「彼らは茂み竹海をかき分けて、肩の高さの草を横切って… 泥を突き抜けて、胸まで蹴り、岩を包むました。」 このように、小説家村上春樹(Haruki Murakami)は「野生の量追跡」で貧困と借金をしている東北の農家のパーティーを描写し、過去を超えて未来を希望して建設します。 北に歩き、北に離れ、最終的に村上がジュニパーネットワーク炊きという名前をつけた場所に停止しました。 一般的に、札幌から北に220km離れた非風花と呼ばれます。

最初の畑まとめて最初の作物を植えました。 入植者たちは、息をこらえて待っていた。 彼らの心は沈んだ。 バッタ。 彼らの群れ。 数十万。 毎年。 まだ – “6年目についに合意が自主的に維持された”; 今日、私たちが定着した資質の証は、言葉のない畏敬の念だけで考えることができます。

村上の一行は、1881年に北に旅しました。 10年後には非常に異なる色の会社が到着しました。 彼らはクリスチャンであり、地上に神の王国を植えに来ました。 そのリーダーはYukiyoshi Shikataという名前の優れた人でした。 渡辺淳一の「花が満開野を超えて」を描いた小説は、それに関するものではなく、日本初の免許を受けた女医である荻野錦江湾(1851-1913)に関するものです。 小説の周辺人物であるシカ乗る現在函館から北に120km離れた額カネで植民地開拓者としてセンターステージを占めています。 村のウェブサイトは、輝く小さな絵を描きます。」ここでの美しい自然環境は、まるで長い時間前に、ここに上陸したクリスチャンが夢見ていたエデンの園のとおりです。

Shikataは夢を見て美しさを見ました。 当たり前のことではなく精神的な美しさでした。 「夏が来た」と渡辺は書いた。 「暑さと蚊の群れが集まってきました。 彼らは本島で見ることができない種類の大きな黒でした。 この蚊が持つ最初の人間血の香りだったようです。 そして、それはそれらを喜びの狂乱に送るようでした。」

問題ありません。 その夢は、彼続くことにした。 「私はこの地が、神の祝福と保護の表示だと思います。」彼は小説で、妻に言った。

信仰的に強化された鉄の意志は人を我慢の限界とその向こう運転していきます。 Watanabeは「毎日同じパターンに従っています。」とWatanabeは記録します。」Shikataと(仲間植民地)が、巨大な木と戦って根を片付け竹プールを取り払うことです。」 夏が終わる頃には「1エーカー未満の土地をきれいにできました。」 5年ぶりにShikataは死に植民地は解体されました。

子供は誰崇拝した魂が抗議し、彼らの土地と国民を守りましたか? 「文明」の集落が破滅しましたか? そうか! だから、少なくとも心臓病で死亡する直前に、自分の民族の時代を超越した口承話を初めて書いたYukie Chiri(1903-22)と呼ばれる若いアイヌ女性を思いました。 彼女の選集を紹介しながら、「過去、この広い北海道は先祖の自由の世界でした。 美しく広大な自然を抱いて罪のない女性のようにリラックスして楽しく生きて、彼らは本当に愛されている自然の子供でした。 オ彼らがどのよう幸せな人々だったでしょう!」

結局文明は勝った。 「ナイーブな女性たち」の幸せは存在するならば、永遠に消えます。

日本の移住者シリーズの第2編。 Michael Hoffmanの最新著書は「Cipangu、Golden Cipangu:Essays in Japanese History」です。

誤った情報と情報があまりにも多くの時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  日本のF1 GP、2024年の終わりまでに鈴鹿に残り

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close