エンターテインメント

日本の内閣、台湾の懸念の中で記録的な国防予算承認

山口まり | AP通信

東京 – 日本の内閣は、金曜日に日本が2022年度に記録的な5兆4千億円(470億ドル)の国防予算を承認した。を変更する”武器の研究開発資金が含まれます。 中国の増加する軍事力と台湾との緊張。

4月から始まる年度の1.1%予算増額は10年連続の国防費増額であり、日本が米国に対してますます困難になっている域内安全保障問題に対処するために国防能力を強化するという約束とも一脈相通います。

まだ議会承認が必要な予算には、今年より38%増加した2910億円(25億5000万ドル)の国防研究開発が含まれている。

そのうち1,000億円(8億7,000万ドル)は2035年頃、日本の老朽化したF-2航空機を置き換えるFX戦闘機の開発に使用されます。 これは40年ぶりに日本初の国産戦闘機になるでしょう。

日本とイギリスは最近、将来のデモンストレーション戦闘機エンジンの共同開発を発表し、追加の戦闘航空技術とサブシステムを探索することに合意しました。 このプロジェクトには、日本の三菱とIHI、イギリスのロールス・ロイス、BAEシステムが含まれます。

中国の軍事力の増強がサイバー空間と宇宙空間に拡大するにつれて、日本国防省も人工知能で運用される航空・水中用自律車両、超音速飛行など「板図を変える」技術の研究を進めています。

この予算はロッキード・マーティン(Lockheed Martin Corp.)のF-35ステルス戦闘機12機購入に1280億円(11億ドル)を割り当てる。に使用する短距離離陸と垂直着陸能力を備えた4台が含まれます。 インド太平洋地域を守るために、米国と合同作戦を行います。

以前は鳩として知られている岸田文夫(Kishida Fumio)首相は、より魅力的な政策を急速に採用し、日本は中国の軍事力の増強と北朝鮮のミサイルと核能力の増加に対応して先制打撃能力を確保することを考慮しなければならないと述べた。

刑務所通信は、日本政府の消息筋を引用して台湾と中国間の緊張が高まる中、日本軍と米国軍が中国軍と台湾軍間の戦闘などの台湾緊急事態に備え、合同緊急対比計画草案を作成したと報道した。

中国は自治権を持っている台湾を自国領土で主張し、必要なら武力で合併しなければならないと主張している。 島の近くで訓練を行い、頻繁に戦闘機を防空識別区域に送り、軍事的脅威を高めました。

報告された計画に基づき、米海兵隊は台湾緊急事態初期段階に派兵のために日本九州と台湾間の日本南西島に臨時基地を設置し、日本軍は弾薬と弾薬及び軍需支援を提供する予定だ。 燃料供給、京都は言った。

日本と米国は来る1月に予定された外務省・国防長官会議で公式的な対比策の用意に合意するものと見られる。

第二次世界大戦で最も激しい戦闘が行われた沖縄付近の島々も含むこの計画は、地域住民の反発に直面することが確実だ。

岸野武夫防衛賞は、金曜日の報告についてコメントを拒否し、日本と米国は緊急事態に備えた行動計画があり、更新する計画だが、詳細は公開できないと述べた。 岸は「日米軍事協定の地位交渉を担当する日米委員会の決定で、米軍が日本の土地に新しい基地を開くことができるようになるだろう」と付け加えた。

READ  日本三原、4大陸2連敗、アメリカ1-2で金メダル

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close