トップニュース

日本の再生警報54 | Orrick、HerringtonとSutcliffe LLP

洋上風力:相互接続のための新しい計画を導入

日本:洋上風力系統確保の新たな制度の導入に

海洋再生可能エネルギー発電施設の開発のための海域利用促進法(2018年法第89号)海洋再生可能エネルギー法“)、一般海域の海上風力発電事業は、政府(経済産業大臣、国土部長官)が指定された振興地域の公開入札手続きを通じて選定された事業者が2019年4月1日施行する。 、インフラ、輸送、観光( “長官“))。 政府は、すでにいくつかの振興地域を指定しました。 10個の他のセクションは、潜在的な割り当てのために「特定の準備段階で行われた「ことが確認されており、これらの4つは「有望なエリア “(”有望な地域“)の潜在的な指定を推進エリア(「特定の準備段階で行われた「有望なエリア以外のエリア、”準備区域“)(より 下の地図)。 この規制の枠組みを使用して洋上風力プロジェクトの導入を推進しながら、政府は現在、海上再生可能エネルギー法による海上入札プロセスの主要な問題の一つであったグリッド接続のセキュリティのための新しい計画を議論しています。

出典:METIと国土海洋港湾局の天然資源庁「海洋再生可能エネルギー法の運営に基づく事項の確認」(2021年2月17日に開催された専門家パネルのために用意された資料)、p。 4。

海洋再生可能エネルギー法に基づいて、特定の区域が長官によって推進地域に指定されるためには、グリッド接続が「適切に確保されることが予想 “する必要があります(海洋再生可能エネルギー法、8.1(4)参照)。 具体的には、現在の “海上再生可能エネルギー施設の推進区域の指定に関するガイドライン」(2019年6月11日発表)に基づいて、 プロモーションゾーニングのガイドライン“)、エリアの洋上風力事業者は、グリッドの容量を確保して、これらの容量を公開入札プロセスに提供する意思を表明しなければ(つまり、落札失敗時落札者がその能力を承継しなければならないことを意味する)。 このシステムの問題の1つは、プロモーションエリアで実行されるプロジェクトの出力が入札プロセスに参加しようとする個々のプロジェクトが確保したグリッドの容量によって制限されるということです。 もう一つの問題は、いくつかの潜在的な洋上風力事業者が同じエリアで同じプロジェクトに独立して、グリッドの容量を確保すると、実際に必要なものよりも、より多くのグリッドの容量を確保することになることができるということです。

これらの問題を解決し、グリッドの効率を改善するために、経済産業省傘下の専門家パネル( “METI“)とMETIと国土交通省傘下の専門家パネル(”国土部“)政府の要求を介してグリッドの容量が暫定的に確保されているフレームワークを議論しました。 具体的には、政府が有望地域として指定される前に、都道府県や企業が提供した情報に基づいて、特定の地域が推進地域に指定される可能性がありますが、その事業のセキュリティ相互接続能力が不足しているという事実を発見した場合、政府はそのような次の一般的送配電サービス事業者( “”)に連絡して予備調査を実施します。TDSO“)相互接続の妥当性とコストについて説明し、広報区域指定を準備するために送信オペレータの地域間調整機構(”OCCTO“)関連TDSO(より 下のグラフ)。 METIと国土交通省はまた、集団の相互接続審査プロセス(グリッドに接続されることを希望する隣接発電プロジェクトが改善作業の費用を共同で合意する方式)と海洋再生可能エネルギー法による公開入札プロセスを進めることができるフレームワークを提案した。 検討しているエリアでは洋上風力プロジェクトに適したグリッドの容量を確保するために、グリッドの改善が必要な場合、同時に

図

出典:METIと国土海洋港湾局の天然資源庁「海洋再生可能エネルギー法の運営に基づく事項の確認」(2021年2月17日に開催された専門家パネルのために用意された資料)、p。 43。

METIと国土交通省は、2021年4月2日に発表されたプロモーション地域指定のガイドラインの改正草案に、上記の変更を反映しており、2021年5月1日までパブリックコメントを収束します。より ここ; 日本のみ)。 具体的には改正案は、海上再生可能エネルギー法第8.1(4)条により、「適切に確保されることが予想される」電力網の容量が電力網によって確保された場合だけでなく、満たされたものとみなされるべきである要件を満たす必要があると規定しています。 個別洋上風力事業者だけでなく、政府の要求に応じて、関連TDSOがグリッドの容量を確保する場合も同様です。

OCCTOはまた、提案された体系的変更を反映するために運用ルールとネットワークコードを修正する過程にあります。 政府の要求を受信すると、OCCTOは、容量を確保して、相互接続の研究を実施するためのガイドラインと一緒にTDSOに通知を提供する必要があります。 の手順を実行してOCCTOへの応答を提供する必要があります。 その後、政府に戻って転送されます(より ここ; 日本のみ)。

現在推進区域について進行中の入札プロセスは変更されていない状態で維持され、入札プロセスのために、これらの容量を提供する意思を表明した、個々の洋上風力事業者がすでにグリッドの容量を確保しました。 上記のような新しい政府の要請を通じた電力網の確保方策は、今後指定される推進地域に適用される予定である。 METIと国土交通省は、関連規則が再評価されるもので、新しい計画の実行開始は後日発表されると明らかにした。

洋上風力が強い東北地方北部地域(すでにいくつかの振興区、有望な地域、予備区などが指定されている)は、すでに相互接続入札を通じて多数の洋上風力プロジェクトでかなりの電力網の容量を確保しています。 東北北部TDSOとOCCTOで実行するプロセス(「東北入札手続き“)。 これを考慮してMETIと国土交通省は、洋上風力事業者が東北入札プロセスを介して確保した容量を提供するという意思を表明した推進区に優先的に、これらの相互接続の容量を利用する必要があり、追加グリッドの容量が必要な場合は、追加の容量が必要なことが示唆されました。 上記の政府要請システムまたは非確定接続システム(より セクション3の 日本の再生可能警告53)。

新しい計画は、すべての障害物を回避できませんが、日本で洋上風力をさらに拡大するための大きな進展です。 洋上風力プロジェクトの開発者は、新たに提案された計画の議論を続け綿密監視し、グリッドの容量を確保するなど、洋上風力事業に関する意思決定に大きな影響を与える可能性がありますので、効果的な方法で声を出さなければします。

READ  トランプ大統領、安倍は日本の歴史上最も偉大な首相 - 電話会談(Bloomberg) - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close