日本の冬のイチゴの秘密

Estimated read time 1 min read

MINOH, 日本 — イチゴのショートケーキ。 イチゴのモチ。 イチゴアッラーモード。

夏の楽しさのように聞こえます。 しかし、日本では冬にイチゴの収穫がピークに達しています。 寒い季節の絵のような完璧なイチゴは、特別な贈り物として1個あたり数百ドルで販売されています。

日本のいちごは環境被害を伴います。 冬に人工泉を再現するために、農家は巨大なガス消費ヒーターで加熱された巨大な温室で季節の食品を栽培します。

「多くの人が冬にイチゴを食べるのが当たり前だと思う時点に至りました」と、大阪のすぐ外にある日本の美濃のイチゴ農家であるSatoko Yoshimuraは言いました。 彼は昨シーズンまで冬の間、温室暖房のために灯油を燃やしました。 、温度が零下よく落ちることができる場合。

しかし、ヒータータンクに燃料を充填し続け、彼女は考え始めたと言いました。 「今何してるの?」

もちろん、果物や野菜は世界中の温室で栽培されています。 しかし、日本のイチゴ産業は極端な状況に達し、ほとんどの農家は収益性がはるかに低い暖かい月である実際の栽培期間中にイチゴの栽培を停止しました。 代わりに、夏に日本はイチゴの供給量の大部分を輸入します。

これは、年間を通じて新鮮な農産物の現代人の期待が驚くべき量のエネルギーを必要とし、気温が急落したときにもイチゴ(またはトマトやキュウリ)を提供するための価格で気候温暖化に貢献できることを示しています。

数十年前まで、日本のイチゴの季節は春に始まり、初夏に至りました。 しかし、日本市場は伝統的にマグロから魚に至るまで、「初モノ」の季節の農産物に高い価値を置いていました。 そして お茶。 初音マントルを主張する作物は、通常価格の数倍をもたらし、熱狂的なメディア報道を妨げることもあります。

国の消費経済が跳躍し、初モノの競争がいちごに広がっています。 農場はイチゴを年初に早く市場に出すために競い始めました。 東京に本社を置くイチゴコンサルティング会社である一護テックの最高経営責任者(CEO)である大崎宮崎氏は、「イチゴのピークシーズンは4月から3月、2月から1月まで続き、ついにクリスマスを迎えました」と語った。

今、イチゴは日本の主要なクリスマス必需品であり、12月中に全国で販売されるクリスマスケーキを飾ります。 一部の農家は11月に旬のイチゴを出荷し始めたと宮崎氏は言いました。 (最近は完璧な日本ブランドのイチゴであるOishii(「おいしい」を意味)がTikTokで有名になりましたが、ニュージャージー州のアメリカ企業で栽培されています。)

寒い天候でイチゴを栽培する日本の傾向は、イチゴの栽培をはるかにエネルギー集約的にしました。 によると 温室効果ガス排出量分析 日本の様々な農産物に関して、イチゴの排出量はブドウの約8倍、マンダリンオレンジの10倍以上です。

農産物排出研究を主導した日本西部滋賀県大学の環境科学研究員直樹吉川(ナオキ吉川)は「すべては暖房に帰結する」と話した。 「そして、私たちは輸送や肥料を生産するために必要なものを含むすべての側面を見てきました。それでも暖房が最大の足跡を残しました。」

このような例は、地元で食べるという考えを複雑にします。 つまり、部分的に輸送に関連する燃料や汚染を減らすために、比較的近い場所で生産された食品を購入する環境を意識するいくつかの買い物客が受け入れるアイデアです。

気候、食品、持続可能性に焦点を当てたミシガン大学のシェリー・ミラー教授は、食品輸送が生産方法よりも気候に与える影響が少ないと述べた。 例えば、ある研究によると、イギリスの暖房温室で地元で栽培されたトマトは、 より高いカーボンフットプリント スペインで栽培されたトマト(屋外や季節)と比較して、英国のスーパーマーケットに出荷されました。

気候制御温室には次の利点があります。 より少ない土地と農薬の使用が必要で、より高い収量を生産することができます。 しかし、ミラー教授は結論的に「旬の食べ物と地元の食べ物の両方を食べることができ、エネルギー消費を大きく増やすことなく食べ物を生産できるなら理想的」と話しました。

日本では、冬にイチゴを栽培するのに必要なエネルギーは、単に気候負担として証明されていません。 また、イチゴの栽培コストがかかりました。 特に燃料コストが上昇し、農家の収益に打撃を与えた。

ベリー品種の研究開発と洗練されたブランディングは、農家がより高い価格を得るのを助けることによってこれらの圧力のいくつかを軽減するのに役立ちました。 日本のイチゴ品種は、ベニホッペ(「赤頬」)、小野香(「愛の香り」)、ビジンヒメ(「美しい姫」)などの奇抜な名前で販売されています。 スイカのような他の高価な果物と一緒に贈り物として与えられます。

日本で最も多いイチゴを生産する東京北部の​​栃木県は、「栃木の愛される果物」というフレーズの短縮型である栃池と呼ばれる新しい品種のイチゴで、気候と費用の問題をすべて解決するために努力してきました。 」

セブン Tochigi’s Strawberry Research Instituteの農業研究者が長年にわたって作った新しい品種は、より大きく、病気に強く、同じ投入からより多くの収量を生産し、よりエネルギー効率よく栽培します。

Tochiaikaのイチゴはまた、殻がより硬く、輸送中に損傷を受けたイチゴの数を減らすことによって、気候に影響を与える食物ごみを減らします。 イチゴが主にカリフォルニアとフロリダの暖かい気候で栽培されているアメリカでは、イチゴのバイヤーは収量の約3分の1を捨てます。

そして、ヒーターの代わりに、栃木の一部の農家は、温室外を包む水滴である「ウォーターカーテン」というものを使用して内部温度を一定に保ちますが、これには十分な地下水が必要です。 「農民は燃料費を節約し、地球温暖化を防ぐのに役立ちます。 「それが理想型だ」

他の努力が進行中です。 北東部の仙台の研究者たちは、いちご温室内の温度を暖かく保つために太陽エネルギーを利用する方法を模索してきました。

ミノのイチゴ農家である吉村氏は、2021年冬に巨大な産業用ヒーターを取り除くことを決める前に、10年間農業に携わってきました。

一人の子供の若い母親であり、他の子供を産む予定の彼女は、ファンデミックで封じ込められた期間の間、気候変動について勉強するのに多くの時間を費やしました。 2018年に彼女が夫と一緒に運営する農場のトマト畑を壊した一連の膨大な洪水はまた、地球温暖化の危険性について彼女を目覚めさせました。 「子供のために農業を作る方法を変えなければならないことに気づきました」と彼女は言いました。

しかし、山間美濃では、気温が通常華氏20度以下、または摂氏マイナス7度まで低下する可能性があります。 それで彼女は、収益性の高い冬の間に化石燃料暖房を使用せずにイチゴを出荷する他の方法を見つけるために農業研究に取り組んでいました。

彼女はいちごが水管として知られている植物の一部または植物の寄付の短く、厚くなった茎を通して温度を感知することを読んだ。 一般的に、一定の温度を維持する地下水を使用してクラウンを凍結する温度から保護することができれば、産業用暖房に頼る必要はないだろうと彼女は推測しました。

吉村さんはシンプルな灌漑システムでイチゴの母板を設置しました。 夜に追加の断熱のために、彼女はイチゴをプラスチックで覆った。

彼女は自分の栽培方法が進行中の作業であることを強調します。 しかし、12月の寒波に勝ったベリーは温室の片隅に待機していた産業用ヒーターを持ってきて売った。

今、彼女は「加熱されていない」イチゴで地元で認知度を得るために努力しています。 彼女は「自然なときにイチゴを作ることができればいいだろう」と話した。

READ  QuakeCon日程漏れはMachineGamesのQuake」を有効にしたエディション」を示しています。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours