トップニュース

日本の労働指導者は、安定的でより良い労働のために戦うことを誓う – Durango Herald

日本最大労働組合の会長は、より良い賃金と条件のために闘争するすべての労働者の声に耳を傾けると明らかにしました。

TOKYO(AP) – 日本最大の労働組合の会長が、より良い賃金と条件のために闘争するすべての労働者の声に耳を傾けることに決めたと話しました。

吉野智子は日本労働組合総連盟のレンゴの初女性代表だ。

木曜日のAPコミュニケーションとのインタビューで、彼女は女性やその他の脆弱性層に最も大きな打撃を与えた大流行の後、安定した雇用が最優先課題であるべきだと述べた。

日本の組合は、伝統的にほとんど「正規職」または正規職の正規職に雇われた人々を代表してきました。 レンゴは、女性が多い臨時契約職、時間制労働者、フリーランサーなどの「非正規職」労働者の間で労働組織化を促進するための努力を強化しました。

「最も緊急の問題は、安定した雇用を確保することです。 女性の間で自殺が増加し、多くの「非正規職」労働者が失業を恐れているのに対し、多くの人々が解雇され、貯蓄を尽くして深刻な困難に直面するようになりました。 約700万人の労働者。

日本の子どもたち、特に一人の親家庭の貧困率は、裕福な国の中で最も高い水準だと彼女は指摘した。

彼女は「彼らの日常を安定させるためには、彼らの雇用を保護するために急がなければならない」と話した。 そういう意味でレンゴの首長として、私はその方々に手を差し出して彼らの声に耳を傾け、より良い勤務環境を求めるべきだと思います」

日本厚生労働省の年次報告書によると、昨年日本の自殺者数は912人増えた2万1081人で、2009年以降初めて前年比増加した。

ファンデミック(Pandemic)による増加のためだと説明した。 男性の自殺は11年連続減少したが、女性の自殺は15%増加した7,026人で、2年ぶりに増加した。

レンゴの主な責任は、特に「shunto」給与交渉で会員の雇用主と交渉することです。 しかし吉野は岸田文夫首相が任命した政府パネルの一員でもあります。

その役割で彼女は「私たちはレンゴの外を含むすべての労働者について話しているので、非正規職に代わって労働条件の改善、人権保護、不平等の矯正のために断固として話したい」

書類上の日本の女性は職場で男性と同じ権利を享受します。 実際、これらの法律は適用されません。 女性の給与、福利厚生、昇進の機会は男性よりはるかに劣っています。

ジェンダーの不平等も国の税金と年金制度に組み込まれていますが、労働者の権利に関するより広い問題の一部であると彼女は言いました。

「私たちは機会の平等を追求しなければなりません」と彼女は言いました。 「会社は従業員個人の扱いについて責任があります。」

日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長の吉野智子が、2021年11月4日木曜日、東京でAP通信との独占インタビューで演説している。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

2021年11月4日木曜日、東京で開かれたAP通信との独占インタビューで、日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長である吉野智子が演説をしている。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

2021年11月4日木曜日、東京で開かれたAP通信との独占インタビューで、日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長である吉野智子が演説をしている。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

2021年11月4日木曜日、東京で開かれたAP通信との単独インタビューで、日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長である吉野智子が質問を聞いている。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長の吉野智子が、2021年11月4日木曜日、東京でAP通信との独占インタビューで演説している。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長の吉野智子が、2021年11月4日木曜日、東京でAP通信との独占インタビューで演説している。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

日本最大の労働組合であるRengoの初女性理事長の吉野智子が、2021年11月4日木曜日、東京でAP通信との独占インタビューで演説している。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

2021年11月4日木曜日、東京で日本最大の労働組合であるRengoの最初の女性理事長である吉野智子がAP通信との単独インタビューを終えて頭を下げている。 吉野は、より良い賃金と条件のために闘うすべての労働者の声に耳を傾けるだろうと述べた。 (AP写真/ユージーンホシコ)

READ  【日本S】巨人の瀬戸際3連覇は「DH制」も一役買っ?重くのしかかる歳球団20連覇の現実(Full-Count) - Yahoo!ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close