日本の動画共有サイト「ニコニコ」がサイバー攻撃を受けた。

1 min read

東京:日本の人気動画共有ウェブサイトニコニコが「大規模サイバー攻撃」を受けてサービスを中断したと運営者が明らかにしました。

ニコニコは大規模なサイバー攻撃を受けており、その影響を最小限に抑えるためにサービスを停止することを前の土曜日遅く声明で明らかにした。

続いて「迅速な調査と対策を進めているが、サイバー攻撃の影響を完全に排除した後、安全性を確認するまでサービス復旧は不可能だ」と明らかにした。 今週末にサービスを復元してみてください。

ニコニコは音楽からスポーツ、趣味まで多様な映像をユーザーが共有できる日本最大規模の映像共有サービスの一つであり、政府関係者の記者会見などプログラムをリアルタイムストリーミングも可能だ。

ニコニコの他にも親会社である角川の公式ホームページと電子商取引サイト「エプテン(ebten)」も「外部からの無断接続」の可能性に影響を受けたと出版社は日曜日明らかにした。

日本出版社の角川は「土曜日の夜明けから、角川グループの様々なウェブサイトが接続不可能な現象で心配と心配を及ぼした点深く謝罪する」と明らかにした。

角川は「情報流出の有無」などの攻撃による影響を調査しており、外部の専門家や警察とも協力していると明らかにした。

Dwangoは月曜日にアップデートを提供すると述べた。

READ  冷戦問題ではなく、核防御
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours