理科

日本の医療機関、子宮移植条件承認

日本の医科学会は、日本での条件付き子宮移植を臨床試験で承認した水曜日発表した。

協会の検討パネルが作成した報告書では、そのような移植は、少数の事例に限定されると言いました。 この手順は、生存ドナーの子宮を子宮がない女性に移植して出産できるようにすることです。

日本の現行の臓器移植法は、死亡したドナーの子宮移植を認めていないドナーが患者の家族である可能性があります。

慶應義塾大学のチームは現在、子宮移植の臨床試験を行う予定です。 この手順に従って、患者に事前に卵子採取を行い、体外受精後冷凍保管します。 胚は、後で移植された子宮に移植されます。

日本にはメイヤー – ロッキー弾スキー – クエステル – ハウザー症候群(Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser syndrome)で生まれたり、子宮が発達していないか、または欠乏したり、その結果、子宮を失った20〜30代の女性が約60,000人と推定されます。 がんの治療やその他の原因。

子宮移植は、これらの女性たちに新しい出産のオプションを提供することが期待されるが、健康な女性に子宮摘出術を施行することが適切かどうか、免疫抑制剤の知られていない副作用などはまだ解決すべき多くの問題が残っています。 、胎児の臓器拒絶反応を抑制するために投与されます。

2014年、スウェーデンの医師は、移植されたヒト子宮から赤ちゃんを正常に分娩した最初の人となった。 その後、米国など15カ国で施術を受けて2020年10月時点の37人の正常な出産を成し遂げた。 ほとんどの場合、ドナーは、患者の母です。

協会のレポートには、ドナーが自発的に寄贈に同意してドナーと患者の両方に手順について十分に説明しなければなら日本で子宮移植を行うことができると規定されている。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  研究によると、大西洋循環は、少なくとも1600年の間に最も弱いことがわかった。 これ気候への影響は以下のとおりです。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close