トップニュース

日本の危険地域の30%に過ぎない津波地域

東京 – 日本の北東部を襲った地震と津波が発生して10年が過ぎた後、政府は財産価値が下落するという住民の懸念の中で脆弱な地域を指定するために、ほぼ進展を見せていない。

2011年の災害後に通過した法案は、津波の危機地域をよりよく準備することを目指しています。 津波の危険に直面した40県に全国のほとんどを覆う予定だった。

しかし、国土交通省によると、11個県だけが先週の木曜日法令に基づいて津波警報区域の両方を指定しました。 北海道と静岡を含む他の6つの県は、いくつかの危険地域を確認しました。

他の23の県はまだ指定していません。 岩手と宮城では、北東海岸に面している堤防を立てて建物をより高い所に移す作業が続けられています。 津波地域指定のための前提条件である洪水評価はまだ確定していません。

第一原子力発電所が崩壊した福島県津波危険地域を指定していません。

影響を受けた地方自治体や住民との合意に達することは、多くの県に障害をスローします。 津波警報地域に指定されると、都市が危険になって、画像が破損している土地の価格が下落することができないという懸念があります。

新潟県は2020年1月に12市町村を津波警報地域に指定したが、浸水の危険が最も大きい自治体である新潟市との合意に至っていませんでした。

市当局は、県が申告した100平方キロの半分程度が内陸低地であり、水に到達するために12時間以上かかると主張します。 直接打撃を受ける沿岸地域と同様に処理することは、不必要な制約を課すことと時は主張する。

津波の被害が発生しやすい地域では、学校や病院が避難計画案を作成し、自治体は被災者が避難できる場所を決定します。 指定が遅延した場合の実行計画の準備が押されます。

県は法的に津波警報地域を指定する義務はありませんいくつかの自治体は、自主的に予防措置をとっている。 しかし、教育部は警告ゾーンシステムが「避難システムの構築と住民の災害に比べ意識に貢献」と言いました。

高知県は、津波警報の地域を指定していなかったが、南海トラフに沿って、潜在的に大規模な地震が発生する危険性を考慮して、他の対策を採用しました。 しかし、調査によると、地震の最初の兆候が発生したとき、早期避難する住民は、2013年会計年度に69.5%でピークをとった後、改善されていない。

県は認識向上の必要性を認識し、警告区域指定の作業を開始し、2021会計年度にプロセスを仕上げすることを目的とします。

READ  一般ノラ42歳で初めての妊娠電話を当てて「バブルバブル言う?」(夫人の空論.jp) - Yahoo! ニュース - Yahoo! ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close