経済

日本の卸売価格は、商品の急騰で13年ぶりに最も速い速度で上昇

東京:日本の卸売価格は、前年比4.9%上昇し、13年ぶりに最大の上昇を記録したと木曜日のデータによると、商品価格の上昇はCOVID-19大流行の痛みでゆっくり浮上する企業を打撃することを示しています。

企業の商品価格指数(CGPI)の上昇は、企業が商品について互いに課す価格を測定することで、市場の見通しより4.5%上昇し、4月に3.8%上昇したことがわかった。 。

2008年9月以降最大の年間増加率であった。

BOJの価格統計部長であるShigeru Shimizuはブリーフィングで、「世界経済の回復を反映した商品価格の上昇は、広範な商品の卸売価格を上昇させている」と述べた。

「データは、企業がコストの上昇を転嫁し始めたことを示しています。しかし、卸売価格の上昇は、内需より外部要因によって、より多く発生します。」と彼は言った。

5月に原油価格と石炭価格は前年比53.5%上がり、非鉄金属の価格は、米国と中国の堅調な需要が原材料コストを増加させて41.6%上昇したとのデータが明らかにした。

木材と木材価格も原材料不足と全世界の需要の増加を反映して9.7%上昇したと清水は言った。

コストの上昇は、伝染病の拡散を防ぐために実施された緊急事態の抑制のために小売業者を含む多くの企業のマージンを狭めて、日本の脆弱な経済回復の見通しを曇らせることになります。

一方、企業は、より高いコストを家計に転嫁するために注意を払ってきました。 4月のコア消費者物価は1年に比べて0.1%下落し、9カ月連続の下落を記録した。 内需不振信号は、企業の価格引き上げを妨害した。

(Leika Kiharaジャーナリスト、Christopher Cushing編集)

READ  日本でニューヨークチーズケーキを作ることができればどこでも作ることができる

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close