経済

日本の原子力ターンアラウンド – 経済と生態

人類は現在進行中のコロナ19ファンデミックから気候変動による問題の拡大まで、さまざまな危機に直面しています。 ファンデミックによる景気後退の回復は、エネルギー価格の急激な上昇につながり、世界が見守る中でロシアはウクライナを軍事的に侵攻した。 米国と欧州連合(EU)のロシアに対する経済制裁とガス輸入の減少でエネルギー危機が激化している。

岸田文夫日本首相は、こうした危機による大衆の不安を利用して原発復帰を宣言しました。 これが何を意味するのかはまだ不明ですが、一般大衆の間で彼の政策に対する広範な批判はありません。 しかし、2011年の福島原発事故以後、日本の原発をめぐる論議を見ると、日本が再び原発に向かって進んでいると信じられない。

ドイツの肯定的な例

岸田首相は8月24日、自身が直接主催したGXグリーン転換会の2次会議で声明を出し、「既存原発の稼働を再開するほか、すべての選択ができる」と説明した。 ‘はテーブルの上にある。 これには、最新の原子炉を開発するアイデアが含まれます。 6次エネルギー戦略計画 2021年10月から

Lemkeは、「水を満たし、新しいコーヒー豆とフィルターに交換し、再びオンにするコーヒーメーカーなどの高リスク原子力発電所を処理することは無責任です」と強調しました。

一方、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー危機に瀕したドイツは原発放棄基調を固守している。 ドイツ環境大臣ステフィ・レンケ(Steffi Lemke) スピーチ 9月22日、ドイツ議会で、彼女はドイツが原子力発電所の段階的な閉鎖を中断しない3つの理由を説明しました。 第一に、それらの使用は危険であり、チェルノブイリ、福島、その他の災害は関連するリスクを示した。 第二に、原子力発電所は高価であり、将来の世代が処理する必要がある非常に有毒な遺産を生産します。 第三に、ロシアがウクライナで証明したように、戦争の目標になることができます。 Lemkeは、エネルギー危機に直面して揺れる人々に「水を満たし、新しいコーヒー豆とフィルターに交換し、再びオンにするコーヒーメーカーのような高リスク原子力発電所を扱うことは無責任だ」と強調した。 原発復帰の結果。

世界史上最悪の原発事故に遭った日本が、今は反省なしに求核立場に戻るようだ。 一方、ドイツは倫理的評価に基づいて過去の事故を勘案して原発を廃止することに決めた。 国はその発電所の不活性化を着実に進めており、再生可能エネルギーへの主要な移行から世界をリードしています。

発電所の代わりにバッテリーに投資

原子力を支持する合理的な理由はない。 原子力発電所は地震や津波から安全ではありません。 彼らは住民を危険にさらしています。 そして現在、既存の核廃棄物を安全に保管する計画はありません。 原子炉が直ちに解体されず、むしろ再起動された場合に生成される廃棄物は言うまでもありません。

さらに重要なことは、原子力発電所が頻繁に言及される電力不足の問題を助けないことです。 電力不足は、最大需要のピーク時に需要と供給の超過または不足に関連する問題であるため、基底負荷原子力発電所を再起動しても役に立ちません。 ピーク需要を年に0.5%下げるか変更すると、最大需要が約10%減少する可能性があります(東京電力エレクトリックカンパニー、TEPCOのサービスエリアで500万kW)。

日本の原子力発電所はすでにかなり古く、近い将来に大規模な解体に直面するでしょう。

これを達成する最も効果的な方法は、省エネ対策と蓄電池を使用することです。 政府は需要側対応システムと需要側蓄電池の拡充を急がなければならない。

気候変動対策は中長期的または恒久的でなければならず、適切な措置は省エネルギーと再生可能エネルギーに切り替えることです。 日本の原子力発電所はすでにかなり古く、近い将来に大規模な解体に直面するでしょう。 そして、新しい原子力発電所が建設されたとしても(ヨーロッパとアメリカの現場の状況でわかるように)、高いコストと建設の遅れのために私たちにエネルギーを供給するために原子力発電所に頼ることはほとんど不可能です。

さらに、原子力発電所自体も気候変動に弱い。 高温、嵐、洪水の残骸は、現在フランスで起こっているように、長期にわたって予期せず閉鎖される可能性があります。

非核未来が可能

現在、世界中でSMR(Small Modular Reactor)と次世代原子炉への熱狂が熱いです。 しかし、これらの情熱は根拠がありません。 イギリス、フランス、フィンランドなど、多くの国で稼働中の既存の大規模原子力発電所も、高いコストと建設遅延で困難に直面していますが、SMRと次世代原子炉はより多くのコストをもたらすでしょう。 原子炉の種類が多様で需要が少ないため、量産によるコスト削減が期待できない。 また、原子力発電の重要な要素であり、最も根本的な問題の1つである核廃棄物も発生します。 多数のSMRが一箇所に位置すると予想されるため、4基の原子炉がある福島1号機原子力発電所のような連鎖反応メルトダウンの可能性がある。 つまり、小規模原子力発電所は明らかに無駄な投資であり、すぐに開発を中止する必要があります。

短期的には、蓄電池の使用による省電力および省電力およびピークシフトが有効な電気的対処策である。

特に7月の科学者 意見一致 2050年までに世界的に再生エネルギーを通じてエネルギー消費の100%を達成することが経済的に実現可能であるという良いコスト。 これは新しい原子力発電所の建設よりも重点を置くべきです。 短期的には、コストが急激に減少している蓄電池の使用による省電力と省電力とピークシフトが効果的な電気対処策だ。

最後に、枯渇せずに豊富で温室効果ガスや放射能を放出しない太陽エネルギーを地域や国内で消費するために生産することができれば、既存の原子力発電所を再稼働することはもちろん、新しい原子力発電所を開発する必要はもうありません。 日本も近い将来に100%の再生可能エネルギーを達成するために全力を尽くさなければなりません。

READ  価格は800万円を超え!? マツダ「コスモスポーツ」当時1500万ウォン規模のスーパーカーだった?(自動車ニュース)|自動車情報サイト[신차 중고차]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close