技術

日本の原子力共有論争の次の段階

ウクライナ侵攻が始まったばかりで、ウラジミール・プーチンロシア大統領が核兵器の使用可能性を示唆し、日本で「核共有」議論を触発した。 唯一核攻撃に耐えた国と同じくらい強いアレルギーのある国で、その選択がどれほど真剣に議論されるのか。 核戦略の専門家は、アプローチとそれが日本に及ぼす安全保障リスクと課題への洞察を共有します。

世論調査:83%が核共有に関する議論に開かれています。

面接館 最近 産経新聞– 富士ニュースネットワークの世論調査では、回答者の83.1%が少なくとも核共有と日本の領土に対する米国の核兵器の配置についての議論を支持していることがわかりました。 この結果についてどう思いますか?

高橋すじお 東アジアの安保環境の悪化とそれによる恐怖感の増加が原因である可能性が高い。 北朝鮮はミサイル開発に拍車をかけている一方、台湾海峡は葛藤の所持があると見られる。 ロシアのウクライナ侵攻とウラジミール・プーチン大統領の核「抑止力」命令が「戦闘準備」状態に移行したという事実に加えて、セキュリティリスクに対する大衆の認識が変わったことは驚くべきことではありません。

面接館 NATOの文脈では、「核共有」とはどういう意味ですか?

高橋 現在、ドイツ、ベルギー、オランダ、イタリア、トルコなど5カ国が米国と核分割協定を結んでいる。 彼らは米国の核弾頭を自国の領土の指定された基地に保管します。

代表的な例がドイツである。 ドイツ首相と米国大統領の両方が同意すると仮定すると、ドイツ航空機は戦場に配置する核兵器を搭載することができます。 しかし弾頭は米国に属し、ドイツが一方的に使用を決定することはできない。 さらに、ドイツがこれらの武器の使用に反対しても、米国は依然として自体航空機を装備するか、弾頭を他の運搬車両に取り付けることによって核攻撃を加えることができます。 最終的に、ドイツ側は、拒否権や単独または独立した使用に参加する権利はありません。

面接館 冷戦終結後の核分裂方式はどのように変わったのでしょうか。

高橋 冷戦期間中に核弾頭と組み合わせたミサイルと航空機搭載型核爆弾は、核共有協定に従って同盟国の領土に配置されました。 しかし、1988年の中距離核電力条約が締結され、ミサイルが除去された。 [US President Donald Trump announced in 2018 his intention to abrogate the INF Treaty; as of August 2019 it was no longer in effect.—Ed.]

ヨーロッパの戦略的環境も変わった。 冷戦時代には、ソ連とワルシャワ条約の国の伝統的な軍隊がヨーロッパのNATO軍より優勢でした。 したがって、ソビエト軍が保有する利点を「相殺する」ために、侵略軍に対する戦術的核兵器の使用を可能にし、まず侵略を抑制できるように核共有フレームワークが形成されました。 この枠組みは、本質的に、欧州同盟国がヨーロッパの領土での核兵器の使用に対して部分的に責任を負うようにしました。

今日の原子力共有の価値

面接館 当時、アジア、特に日本の状況はどうでしたか?

高橋 アジアでは、米国はソ連に比べて海軍と空軍で優位を占めていた。 ヨーロッパとは異なり、既存のソ連軍に対抗して潜在的な前進を鈍らせるために劇場内の核兵器を使用する必要はありませんでした。 しかも日本の核兵器に対する強いアレルギーが問題を起こし、ソウルの軍事独裁と繊細なアメリカ同盟も問題を起こした。 最終的に、NATOのような核共有メカニズムは必要ありませんでした。

面接館 ウクライナの戦争は、日本で核共有の議論が増加する勢いを提供しました。 それにもかかわらず、現在の日米安全保障協定と拡張された核抑制を支持する多くの専門家を含む、政策についての専門家は意見を分けます。 なぜこのような分裂があるのですか?

高橋 日本がNATOのような核分割協定を採用すべきか、日米同盟にさらに具体的なものを採用すべきかについての議論が公式化されているようです。 NATOのような核共有が日本に単独の使用権やこれらの武器の使用に対する拒否権を与えないことは事実である。

しかし、私はまだ核共有が価値があると思います。 核兵器は究極の武器であり、日本が共有協定に参加すれば対内外的にかなりの象徴的効果を持つだろう。 同盟を強化し、全体的な抑制に貢献します。

これは、日本軍が共有核兵器使用のための作戦計画に「知っておくべき事項」に基づいて関与するからです。 日本の防衛への米国の約束に関して米国が提供できる最善の方法は、作戦計画に日本軍を参加させることです。

日米同盟は最近改正された日米防衛指針に従って合同作戦計画を樹立し、双方は一連の在来式連合訓練を実施した。 これらの計画と関連する訓練の定式化と共有は、同盟の効率を高め、相互信頼を構築します。

これは、特に米国と核共有協定を結んだ国々に当てはまります。 核兵器の戦略的・象徴的重要性を考慮すると、合同計画と訓練による安心の価値と便益は、他の防衛分野の協力で容易に複製することはできません。 これが核共有が戦略的根拠が縮小されたにもかかわらず、脱冷戦時代を生き残った理由です。

面接館 時間が経つにつれて、核共有に対するNATOの態度が変わったのでしょうか?

高橋 冷戦後、NATO加盟国の拡大は核分担に対する態度の違いをもたらした。 ロシアの2014年のクリーム半島のマージの前に、ドイツと他の国々は展開システムを維持しますが、核弾頭自体は緊急時にのみヨーロッパに前方に配置する必要があると主張しました。 平時は米国本土に保管する必要があります。 しかし、ポーランド、チェコ共和国、バルト海沿岸諸国など、ロシアに近く、脱冷戦中にロシアの脅威を感じ続けていた国々は、これらの武器をヨーロッパに継続的に配置することを支持しました。

冷戦の終結後、NATOは同盟国を安心させるために苦労しました。 米国と核共有パートナーが新しい加盟国を安心させるために試みた1つの方法は、アメリカの核弾頭を運ぶドイツの爆撃機を護衛するポーランドの戦闘機を含めることができる軍事訓練を通じてです。 したがって、これらの協定に基づいて、自国の領土に米国の核兵器を保有している5つの特定の国家にのみ焦点を当てると、ポイントを見逃すことになります。

大衆を満足させるための継続的な議論の必要性

面接館 日本との核分割が施行された場合、どのような措置を取らなければなりませんか。 課題は何ですか?

高橋 言うまでもなく、核兵器は軍事作戦の可能な要素の一つです。 これらの武器の使用を前提としたシナリオは、従来の陸上、海上および航空作戦を中心としたNATO協力にますます統合されています。 原子力共有に関する議論があると、NATO加盟国が原子力政策の見解を共有する原子力計画グループに関心が集中する傾向があります。 しかし、核作戦は従来の作戦に基づいているため、核と従来の作戦を分離して取り扱うと戦術的な議論が一貫性がなくなります。

指揮体系が統一された韓米同盟の場合を見てみよう。 このような構造は、韓米同盟を日米同盟より戦術的、作戦的次元でより深くする。 米国と韓国は6・25戦争の時から戦時作戦司令部体制を維持し、細部作戦計画を維持してきたため、軍事作戦計画を議論することがはるかに簡単だ。 現在、これらの計画に核兵器の使用は含まれていませんが、それを統合することは大きな問題ではありません。

しかし、米国と日本の場合、在来式作戦についても具体的な作戦計画がほとんどない実情だ。 さらに、両国は、紛争状況に対する統合指揮所の可能性について議論し始めた。 核共有がより深刻に考えられる前に、従来の作戦についての議論を深める必要があります。

面接館 北朝鮮はすでに日本に到達できるミサイルと核弾頭を結合したものと見られます。 これは、日本で核共有の議論を加速すると思いますか?

高橋 北朝鮮の拡張抑制への米国のアプローチは、大きく二つの要素で構成されている。 要件が若干異なります。 核共有は何よりも同盟国を安心させる枠であるため、その価値は日本国民を安心させることができるかにかかっている。 核分担を行ったが国内論議になって韓米同盟関係が悪化すれば、日本の安保意識が弱まるだけだ。

したがって、私たちがその道を行くならば、大衆が核共有に同意することが最も重要です。 このように、これは客観的な評価を提供する専門家が解決できない極めて主観的なプロセスです。 このため、大衆が満足するまでの利点とリスクの正確な理解に基づいて、問題について継続的に議論する必要があります。

共同責任としての核兵器

面接館 日本は、拡張抑制力を強化し、核攻撃の可能性を防ぐために何をすることができますか?

高橋 核抑制のための2つの学派があります。 一つは核兵器が存在するだけで抑制が可能で、もう一つは実際の使用のための作戦準備ができていなければ抑制が実際にできないということです。 私は日本の現在の安全保障状況が後者を要求すると信じています。 逆説的に、核兵器の使用を準備すると、相手が核兵器を使用することに対応して核兵器を使用する可能性が減ります。

心に留めておくべきもう一つの重要な問題があります。 米国が日本を防御するために核兵器を使用する必要がある珍しい場合には、責任が完全に米国大統領と米軍にある外部決定と間違えることはできません。 。 日本国民と首相は、この決定に対して何らかの方法で責任を負う準備ができていなければなりません。 私たちがそのような重大な問題について一緒にする準備ができていなければ、同盟国が核抑止力を提供すると正当に期待することはできません。 拡張抑制の基盤は、この責任を共に負わせたいという意志に基づいています。

面接館 安倍晋三元首相は最近、核共有が禁じられてはならないと話した。 しかし与党である自民党内で、国会でこの問題を議論するための勢いはほとんどないと見られる。

高橋 今、北朝鮮は米国まで到達できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)を開発している。 すでに日本に到達できる核搭載ミサイルを配置しました。 中国はそのようなミサイルを2,000個保有しており、15年以内に米国に到達できる1,000個のICBMを配置できると期待しています。 私たちはロシアが核兵器をいつ使うのかわかりません。

20年前に比べて日本を取り巻く核の脅威が増えていますが、安保を維持するために、以前と同じ冷戦後に戦略枠を維持するのが賢明なのだろうかと思います。 私たちはこれらの要素について徹底した議論と共感の形成、そして日本国民を安心させる過程を始めなければなりません。

(原本は日本語で発行されました。バナー写真:Royal International Air Tattooのドイツ空軍竜巻。竜巻は核兵器を運ぶことができる戦闘機です。タイトル写真:Flickrユーザー エアウルフハウンド.)

READ  OM System OM-1はオリンパスの後のフラッグシップカメラです。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close