トップニュース

日本の原発の原子炉テロ要求に停止

東京 [Japan]、10月24日(ANI /スプートニク):日本の公営放送NHKが日曜日に日本の美浜原子力発電所の3番目の原子炉が対テロ基盤施設を適時高めることがないという理由で、オペレーターの関西電力会社によって中断されたと報道した。

セキュリティの強化に必要なすべての措置は、2022年9月に完了すると予想され、その年の10月中旬に原子炉が稼働を再開することができると、この媒体は、オペレータを引用して伝えた。

原子炉は、40年以上の作業の末2021年6月23日に再起動されました。 法は、原子炉の最大寿命を40年に制限しているが、追加の要件が満たされると、原子炉が長く動作することができます。 Mihamaの第三原子炉は、2011年に15,000人以上の命を奪った福島地震と津波により、数千人の被災者が発生して発電所が崩壊した後、10年の間に停止しました。 (ANI /スプートニク)

(この話はDevdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  TikTok引数ウォルマート参戦Microsoftとの提携(2020年8月28日) - YouTube

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close