スポーツ

日本の反中活動家、2022年の北京オリンピックボイコット呼びかけ

ジャックタラント

東京(ロイター) – チベット人権運動とウイグル族をサポートするため反中国活動家グループが木曜日北京で開催される2022年冬季オリンピックボイコットを呼びかけながら、オリンピックが中国政府の弾圧を強化すると述べた。

北京オリンピックはちょうど1年以内に開幕される予定だが、国際オリンピック委員会(IOC)は、中国の人権記録に対する批判の圧力を受けています。

「IOCは愚かにも、北京で冬季オリンピックとパラリンピックを開催することを決定しました。私たちは、発言をしてください。」と、日本のチベット共同体と呼ばれるグループの社長であるカルデン小原が東京で開かれた記者会見で言いました。

「中国がチベットとその周辺地域の人権侵害を阻止なければ、中国が北京で2022年冬季オリンピックを開催することを可能にすべきではありません。」

180個の権利団体連合は水曜日、複数の政府に公開書簡で、オリンピック不買運動が「中国政府のひどい権利濫用と反対の取り締まりを強化するために使用されないようにする」と述べた。

木曜日の記者会見に出席した別の活動家である石井英寿自由インドの – 太平洋同盟副会長は、米国を含む多くの国が一緒に行動することを求めている。

「これは、日本だけができることではないので、私たちは、国際社会が一緒に行動することを願って」とIshiiは言いました。

「私たちは、新しいBiden政権が私たちと一緒にすることを願います。」

記者会見の活動家の中には、香港から来た民主主義活動家と南モンゴル会議という団体の代表者がありました。

中国の人権記録は長年西側政府との紛争の源泉でした。 中国は自分の権利の記録のために西洋の不満を日常的に却下します。

米国務省は、水曜日の中国腎臓地域のウイグル族収容所では、女性に対する体系的なレイプや性的暴行についての報告で、「深刻な混乱」を経験した残虐行為に深刻な結果があると言いました。 [M1L1N2K93KO]

中国は、腎臓からの虐待容疑を否認し、この地域に設立しただけでは、イスラム過激派との取り外しを根絶するために役立つ職業訓練を提供したと言いました。 施設の人々は、その後に「卒業」したと言う。

オリンピックボイコットというアイデアは、米国の大統領ジョー・バイデン政権とオリンピックスポンサー企業に政治の領域に満ちています。

米政府は、2022年に北京に米国プレーヤーの参加を禁止する計画がないという信号を送った。 [L1N2K9380]。

ホワイトハウスのスポークスマンJen Psakiは今週ニュースブリーフィングで「私たちは現在、北京オリンピックに関連する私たちの姿勢や計画を変えることについて話していません。」と言いました。

(Jack Tarrantジャーナリスト、Robert Birsel編集)

READ  要求される経営陣と選手のコミュニケーション/里崎チェック - 野球の国で - 野球コラム:日刊スポーツ

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close