日本の古代寺院の毀損の疑いで起訴された観光客:警察

1 min read

日本国の東照大寺コンドミニアム。
ゲッティ画像によるZhang Peng/LightRocket

  • カナダのある10代の少年が日本にある1,200年の東쇼大寺近藤寺院を毀損した容疑で起訴されました。
  • 寺院はユネスコの世界遺産です。 有罪が確定すれば、彼は最大5年の懲役刑に処される。
  • これはイタリアで一人の観光客がコロシアムの壁に「Ivan+Haley 23」を刻んだ事件に続いたものです。

イタリアローマのコロシアムで同様の事件が発生してわずか数週間でユネスコ世界文化遺産に指定された日本の寺院を毀損したカナダの10代少年が起訴された。

日本の警察は、17歳の少年が西暦759年に創建された断層仏教寺院である東쇼大寺近藤寺院の木の柱に爪で「ジュリアン」を彫刻したと話しました。 BBCニュースによると。

この寺院は、日本中部の古代都市の国の8つの保護された歴史的記念碑の一つです。

この十代は、寺院の「ゴールデンホール」に彫刻を作った容疑で起訴されました。 日本新聞より毎日に語った。

7月7日、ある日本人観光客が自分の名前を刻む少年を目撃し、査察職員に知らせる前にやめなさいと言った。 CNNによると。

翌日、警察は祖国法違反の疑いで彼を尋問した。 文化財保護法、 BBCニュースごと。

警察関係者はCNNに「少年は自分の行動を認め、日本文化を傷つける意図がなかった」と話した。 今は事件発生当時一緒にいた両親と一緒にいる」と話した。

下の 文化財保護に関する日本法、 「重要文化財」の対象を毀損した者は、最大5年の懲役または300,000日本円($2,135)の罰金に処されることがあります。

警察の関係者は、CNNによると、ティーンエイジャーが法律を破ったことが判明した場合、検察に提出されると述べた。

寺院の僧侶は毎日に「悪意なく行われたのかもしれないが、まだ残念で残念だ」と話した。

インサイダーは言及のために寺院に到達できませんでした。

これはイタリアで起こった同様の出来事に続き、ある観光客がほぼ2,000年のローマのコロシアムに「Ivan+Haley 23」を刻みました。 問題の男性は最大16,000ドルの罰金と5年の懲役刑に処される可能性があります。

インサイダーが報じたリンゴの手紙で、その男は古代記念碑の年齢や自分がしたことの深刻さを知らなかったと主張しました。

READ  87人の学生が日本に入国し、147,000人がまだ待っています。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours