経済

日本の台湾のワクチン寄贈政治| コロナウイルス大流行ニュース

東京、日本の – 日本政府は、台湾海峡でますます激しくなる対決に自分自身を投入しました。

先週の金曜日、日本は、台湾のTsai Ing-wen大統領が伝染病が始まって以来、最悪のコロナウイルスの発生により、中国がワクチンへのアクセスを遮断したと非難した後、台湾に124万容量のアストラゼネカCOVID-19ジャブを送った。

中国は、中国の海岸で161km(100マイル)離れた自治台湾島を領土の一部として思っ目標を達成するための武力行使を排除していない。 違いは、2016年に初めて選出された後、2,360万人の島の独立を望んで主張しながら、より断固とした立場をとっており、米国を含む伝統的な同盟国が台湾を支援するために集結し、緊張が高まっています。

日本は数十年の間に、より静かなアプローチを取ってきました。

しかし、中国の経済と軍事力が増加して中国人にDiaoyutai Islandsとして知られてSenkaku列島に対する日本の主権の継続的な課題と東京政府は方向を変えています。

スタンフォード大学の東アジア学講師のダニエル・スナイダーは、「日本の保守主義者たちは、中国人と線を描画する方法で、台湾問題を実際に捉えました。

中国の浮上は、日本で多くの人々を心配しています。

近年、中国は、アジア太平洋地域でますます積極的になって東シナ海太陽南シナ海での軍事力を示し、紛争の海での海上と領土主張を裏付けるます。

南シナ海を主張する台湾も、北京の熱気を感じた。

過去1年の間に中国軍は4月12日に25台、中国の軍用機が飛んで戦闘機をほぼ毎日、島の領空に送られた。

「台湾の安全保障への関心」

中国の影響力拡大に対応するため、日本はオーストラリア、インドのような国と安保関係を構築し、中国を戦略的競争相手と見ている米国との同盟を強化しています。

ジョー・バイデン米大統領とシュガー義久に日本の首相が4月にワシントンで会ったとき、中国が会談の主な焦点であった。 そして半世紀が以上の最初の指導者の共同声明には、「台湾海峡の平和と安定の重要性」への言及が含まれていました。

また、日本国防部が先月年間白書の草案を発表したときに最初に台湾問題に言及した。

ドラフトは “台湾周辺状況の安定は、日本の安全保障と国際社会の安定のために重要である」と述べた。

中国は、台湾の日米の立場を介在的に非難し、両国が「派閥を形成するために団結し、ブロック対決をあおっ」していると非難した。 中国の管理者はまた、以前に軍事的、経済的影響力への懸念は、このを抑制しようとする “冷戦精神」の一部として説明した。

一時台湾を植民地に支配していた日本がコロナウイルス対策ソフトウェアのために出撃しながら島の援助に飛び込んだのは、このような大規模な文脈である。

スナイダーは言ったように「日本が台湾の継続的な、事実上の独立と安全保障に関心があることを示している。 それは簡単です。 “

中国は日本の動きを非難しました。

5月末に台北にワクチンを送ることを考慮し、東京の最初のレポートが出た時、中国外交部スポークスマンの王ウェンビン(Wang Wenbin)は鋭い反応を見せた。 彼は「私たちは、伝染病を利用して政治ショーを開始するか、さらに、中国の内政に介入する人々に断固として反対します。 「私は日本が家庭でワクチンの適切な供給をかろうじて確保することができることを気づきました。 “

彼は「ワクチン支援が命を救う本来の目的で復元する必要があり、利己的な政治的利点のためのツールとして縮小されてはならないという点を強調したいと思います。」

政治が関連している王の主張は完全に間違ってはない。

日本と台湾のマスコミの多くの報道は、長い間「中国タカ派」だった安倍晋三元首相がワクチンを台湾に迅速に伝達するためにな役割を強調した。

6月3日産経新聞は、9月退い阿部が議論に密接に関与しており、2011年の大地震と津波当時、台湾が日本に寄付したことを述べたと伝えた。

「台湾の主要勝利」

台湾で日本人の寄付は違い、政府の勝利でした。

初期の流行の処理で、世界的な賞賛を受けた違いは、先月始まったコロナ19感染が急に急増大衆の怒りに直面しています。 現在まで、この島は11,968件の感染と333人の死者を記録ヘトウミョイの大半が先月に報告された。

台湾の国民の3%未満がワクチンを接種した中でCOVID-19ジャブ不足で怒りが大きくなっています。

台湾は中国が危機をさらに悪化させたと言いました。

5月26日Tsaiは、中国がファイザー-BioNTechワクチンのマスをブロックするために影響力を行使したと非難しました。

しかし、中国はこの主張を否定しており、台湾は、実際にワクチンの提供を拒否したと言いました。 中国外務省のスポークスマン王道差の民主進歩党(DPP)が「半伝染病協力よりも政治的操作」を優先すると非難した。

国立台湾大学の客員学者であるLev NachmanはDPPがジレンマに直面していると述べた。

「現実は、台湾がワクチンを必要とするということです。 そしてCatch-22は、DPP政府が政治的に中国からワクチンを持っていく余裕がないということです。」

独立を志向するDPPが本土に助けを求めるならば、党の自治勢力としての正当性を損なうことができると彼は指摘した。

しかし、「日本でワクチンを服用しているのは、中国でのワクチンを服用していることよりも、政治的に少ない負担になり、これはもちろん、台湾の主要勝利です」とNachmanは言いました。

また、日本でワクチンを導入する過程を介して様々な競争DPPの政治家たちが珍しい団結を見せながら人々の利益のために責任を持って行動したことを知らせることができました。 台湾の当局は、まだワクチンを確保するために行くの距離がかなりあります。 島の全人口のため。

ナフだけ北京に友好的な野党の国民党支持者でさえ、日本の「静かな感謝」を感じていると語った。

多くの台湾人はまた、日本の寄付のニュースが来たときに感謝の意を表するためにソーシャルメディアを発見した。 青少年文化を扱うオンライン雑誌New Bloomの編集者Brian Chee-Shing Hioeによると、複数の人が流行以前の時代に日本を旅する自分の写真を北の島の隣人に感謝と親しみを示し手段として掲載しました。 台湾とアジア太平洋の政治

Hioeはまた、より広い戦略的な文脈で重量を置きながら、日本の寄付が二日後に75万回をより投与するという米国の公約が後に続いたと指摘した。

Hioeは「米国は、米国の目的のために、地域の安全保障に有用な、日本と台湾の関係を強固にするために、これを裏で調整している」と主張した。

READ  今週の事業| エコノミスト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close