日本の史上最低児の人口が成長を圧迫しています。

Estimated read time 0 min read

日本の子ども数が史上最低値に落ちた。 これは、アジアで2番目に大きな経済を押しつぶしている人口統計学的問題を極めて思い出させます。

総務省資料によると、4月1日現在14歳以下の子ども数は43年連続で約1,401万人に減少した。 日本全体の人口のうち、子供の割合は11.3%に減少し、史上最低値を記録した。

韓国全体人口は2010年を前後して着実に減少し、慢性的な労働力不足を経験しており、高齢者人口比率の増加で医療費と社会保障支出が圧迫されている。 日本の出生率は世界最低水準であり、人口代替率にも遥かに及ばない水準であるため、状況はさらに悪化すると予想されます。

READ  日米首脳会談後の共同声明
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours