スポーツ

日本の同性愛者の結婚違憲認定失敗:裁判所

日本が同性結婚を認めないのは違憲であると裁判所が水曜日の判決を下した。この問題のための画期的な最初の判決は、活動家たちが喜んで歓迎した。

同性結婚を認めるために2019年に日本全域の地方裁判所に12人以上の同性カップルが訴訟を提起しました。 日本はまだ労組を認めていない唯一の7人組の国です。

訴訟の最初の判決で、日本の北部札幌の裁判所は、異性のカップルと同じ法的権利が拒否されたと主張する原告に対して1人当たり100万円(9,000ドル)の損害賠償要求を拒否しました。

しかし、評決は同性カップルが「結婚による法的効力の一部でも享受できる方法を提供していないのは…すべての人が平等である」という憲法第14条に違反すると規定しています。 法に基づいて “

男性原告は、裁判所の外で記者団に「私は涙を我慢することができなかった。裁判所は、私たちの問題について心から徹底注意を傾け、本当に良い決定を下した」と話した。

しかし、評決は議員が問題の立法のために苦労したことがありますので、損害の要求を維持していないと述べた。

それにもかかわらず、虹の旗に囲まれた原告の弁護士は、裁判所の外で “結婚の平等に向けた大きな一歩」の判決を宣言する標識を持っていた。

公にLGBTの数少ない日本の政治家の一人、野党議員オチュジ加奈子は、自分が評決に「本当に、本当に幸せだ」とツイートで語った。

「この判決で、私は、政府の立法府である国会が、同性結婚を可能にする民法改正案を審議することを促します。

– 「パートナーシップ」の証明書 –

日本の憲法は「婚姻は男女の相互合意の下でのみ可能である」と規定しています。

政府は、これが同性結婚が憲法や民法の「予測されない」ことを意味すると言います。

しかし、原告と他の法律の専門家の弁護士は、憲法に同性結婚を禁止することはないと反論します。

彼らは1947年前後の憲法の言語が予備配偶者との間の平等を保障し、強制的に結婚を防止するためのものだと主張します。

毎日新聞によると、現在、同性結婚の問題で訴訟を提起した3組を含めて、現在14組の夫婦がある。

歴史的に、日本は男性の愛好家がいる封建時代武士の事例が記録され、同性愛について広く寛大ました。

しかし、日本が19世紀後半から、工業化されて近代化され、同性愛に対する西欧の偏見がますます多く採用されました。

2015年の画期的な発展に東京の繁華渋谷地区は同性カップルに象徴的な「パートナーシップ」の証明書を発行し始めました。

他の地方政府も続い従った、日本の企業も同性カップルを認める方向に進む兆しを見せています。

しかし、日本のすべての同性愛者のカップルが、そのような証明書がある地域に居住することはありません。 つまり、法的に認められていない関係のため、病院で愛する人を訪問していないか、賃借を拒否することができます。

kh / kaf / sah / je

READ  日本、ドイツとの共同海軍訓練を提案

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close