スポーツ

日本の国営ホテルのお得で、ミャンマー国防省に家賃の支払い

パク・チュミン、ジョン・ゲディ

ロイター通信によると、日本の民間企業のコンソーシアムと日本国営機関が数百万ドル規模のホテルやオフィスの開発に家賃を出して、最終的に、ミャンマーの国防省で渡った6人の企業や政府関係者がロイターに語った。

日本のこのプロジェクトは、ミャンマーの憲法に基づいて軍が管理する、ミャンマー国防省に役立つという事実を認めたのは今回が初めてだ。 2017年から始まったこの支払いは違法ではないが、国連捜査官が、ミャンマー軍の人権侵害を主張し、日本には、潜在的に戸惑うことです。 ロイターは、国​​防部に実際にどのくらいの家賃を支払った知ることができませんでした。

正式にTatmadawとして知られて、ミャンマーの軍隊は2017年としてヒンヤイスラム教徒の攻勢に対して、国際司法裁判所での大量虐殺の調査を受けています。 軍隊は2月1日のクーデターで国を掌握し、その後選出された指導者と261人以上のデモ隊を殺害しました。

ミャンマー国防省と軍事政権はコメントを求めることがなかった。 ミャンマー軍はでヒンヤの措置が武装勢力を対象とした「通関作戦」と明らかにした政府は、人権侵害と大量虐殺の容疑を偽りで拒否した。 軍部はクーデター後、殺人をデモ隊自分に非難して放火と暴力の疑いで非難しました。

ヤンゴンのシュエダゴンパゴダの近くの軍隊所有の土地の上に建てられたYコンプレックスは、過去60年の間に、ミャンマーを支配してきた、ミャンマー軍と関連する多くの資産とプロジェクトの一つであるだけです。

軍隊は鉱山から銀行に至る利害関係を持つ二つの大企業を制御します。 ミャンマーの民主政府が国家経済を開放しようとしながら、いくつかの外国人投資家は、過去10年の間に、大企業とのパートナーシップを結びました。

Y Complex取引の各当事者は、仲介者が支払った家賃が、最終的に軍隊ではなく、ミャンマー政府に行くとロイター通信に語った。

国営機関の投資を承認した日本の国土部国際政策との良太長尾関係者は、国防部が、政府省庁だったので、このプロジェクトは、軍を「直接または間接的に「説明ないと判断したと述べた。 彼は、ミャンマーの国防省は、以前の軍隊治世中ドラフトされた国の2008年の憲法に基づいて軍隊が制御するという事実には言及を拒否した。

日本の建設会社であるFujita Corpは2017年のプレスリリースで、以前の軍事博物館を豪華なオフィス、店舗、および5つ星ホテル複合団地に変えるヤンゴンプロジェクトに3億3000万ドルがかかると述べた。

東京館モノ(Tokyo Tatemono Co)の不動産マネージャー藤田(Fujita)と日本の国土部管理する日本の国営投資会社であるJOINは複合が建てられた地に家賃を支払うコンソーシアムを構成したとロイター通信に語った。 国営日本の国際協力銀行(JBIC)は、2018年のプロジェクトの資金調達に参加していると明らかにした。

Fujita、Tokyo TatemonoとJOINは賃貸料がいくらなのか、ミャンマー国防省が支払ったのコメントを拒否しました。

日本政府の最も高位のスポークスマンであるKatsunobu Kato閣僚は特別目的会社を通じてY ComplexプロジェクトにJOINとJBICの参加を認めました。 ロイターの質問に、彼はどの法人も、ミャンマー軍との直接取引関係がないことを理解していると述べた。

Fujitaは、最初にプロジェクトが2020年に完了すると述べた。 クーデター後、作業者の安全に対する懸念で建設が中断された日本政府が95%を所有しているJOINは言った。 各当事者の代表は、ロイターに農業、銀行、医療、財産に興味がある、ミャンマーの民間企業Ayeyar Hintharの子会社である現地パートナーであるYangon Technical and Trading(YTT)を介して家賃を支払うと発表した。

YTT関係者であるKyi Thaは、このサイトでは、国防部で賃貸しており、最終的な受益者は、ミャンマー政府と述べた。 彼はミャンマー軍の人権記録を評価するための特別な措置が取られなかったと述べた。 これは、法律や規制で要求される事項はありません。

大きな投資家

国連のミャンマー軍の経済的利益を調査したクリス試みティーはY Complexが外国政府機関が参加する軍事関連のプロジェクトで見つけた唯一の事例と述べた。

日本の各国家機関や企業は2017年にミャンマーで承認された取引条件についてコメントを拒否した。 ミャンマーの公式記録が先月流出され、オンラインで公開されたDDoSecrets(Distributed Denial of Secrets)について説明します。 内部告発ウェブサイトで、ただの使用料は50年の間に年間約200万ドルに達します。 ロイターは、取引条件や軍隊が実際に受ける金額を独立して確認することができませんでした。

DDoSecretsウェブサイトの記事によると、日本の投資家が管理するプロジェクト会社であるY Complex Companyは2019年から毎年仲介口座を通じて国防総省の合計220万ドルの家賃の180万ドルを支払うことに合意しました。 残りは、ドキュメントによると、YTTで支払わなければならいました。 建設段階という2017年の2018年にプロジェクト会社は年間賃貸料$ 573,160の$ 500,000より少ない金額を支払うことに合意しました。 ロイターは、国​​防部に実際にどのくらいの家賃を払ってたのか分からなかった。

JOIN、FujitaおよびTokyo TatemonoはY Complex計画のために設立したシンガポールの持株会社の監査アカウントによると、2019年にプロジェクトの家賃に180万ドルを支払っている。 シンガポールの企業の規制機関に提出された書類には、家賃が誰に支払われていることは、明示されていません。 法人を構成した三社は、それぞれの数値のコメントを拒否した。

ミャンマー投資と企業管理局によると、日本は、過去5年間、ミャンマーに14億ドルを投資した世界5位のミャンマー投資家です。 日本の管理者は援助寄付、学術交流、軍のための医療と災害救援訓練を含んでいるミャンマーとの関係は、この地域では、中国の影響力が大きくなることを防ぐために役立つと言いました。

人権団体によると、ミャンマー軍との経済的関係の暴露が東京と日本企業のより多くの圧力をかけることができるとする。 クーデターがあった数日後、日本醸造業者キリンは、ミャンマー軍が所有して二大企業の一つである、ミャンマー経済ホールディングスとビールベンチャーを築造した。 クーデターを言及し、軍の最近の行動について「深い憂慮」と述べた。 標準と人権政策に反すると言いました。

多摩大学の国家安全保障の専門家である明歯打(Akira Igata)は、「これはJOINとJBICだけでなく、国家としての日本にも深刻な評判をもたらすでしょう。 「日本は人権侵害者と継続取引国として認識される危険にさらされています。 “

3月初め、米商務省は、ミャンマーの軍事統制国防部と内務省にクーデターの責任があると制裁を加えた。 米財務省はまた、ミャンマー国防長官であるMya Tun Ooと彼の前任者であるSein Winの制裁ルルガました。

ミャンマー法務部、ヒューマン・ライツ・ウォッチやその他の圧力団体は2月17日、国連人権団体にYコンプレックスと軍隊の関係を調査することを要請しました。 国連人権実務グループのスポークスマンは、請願を受けたと述べたが、追加コメントを拒否した。

JOINのため、ミャンマーのビジネスを担当するYoshihiro KuboはY Complexの今後の参加についてのコメントを拒否した。 彼は状況を「苦しくない」と説明したが詳しく説明していません。

JBICを監督する日本財務省はJBICの質問を指示しました。 JBICは、プロジェクトのための融資が日本の法律とグローバル制裁を遵守し、ミャンマーの状況を監視していると明らかにした。

JBICは、2018年のプレスリリースで、日本の銀行であるMizuho BankとSumitomo Mitsui Banking Corpもプロジェクトに融資を提供すると発表した。 両方のコメントを拒否した。

FujitaとTatemonoはすべて、今後の措置を考慮しながら、「状況を注視する」とメール声明で述べた。

(東京パク・チュミン、ロンドンジョンゲディジャーナリスト、東京梶モットーテツ時、アンソニースルーロードコープスキー、ロイターの従業員、ビルリーグ非編集)

READ  解説:オリンピックシャッフル、新しい指導者、スポーツニュース、主要ニュースに対する日本の逃した目標を強調

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close