経済

日本の国営資源会社、LNGの標準排出測定法の開発

液化天然ガス(LNG)タンカーが2017年11月13日、東京の東富津の火力発電所に向かって引っ張られている。 REUTERS / Issei Kato

東京、10月5日(ロイター) – 国営日本の石油ガス金属局(JOGMEC)が液化天然ガス(LNG)産業の温室効果ガスの排出量を測定するためのグローバルスタンダードを開発すると、日本産業省の高官が述べた。 火曜日に。

LNG部門は、気候変動に対処するために、メタンを含む温室効果ガスの排出量を減らさなければならないというプレッシャーが大きくなっているが、計算方法は、国や企業によって異なります。

ANRE(Agency for Natural Resources and Energy)のShin HosakaコミッショナーはLNG生産 – 消費者の会議で、「JOGMECはLNGバリューチェーンでGHG排出量を計算するための簡単で、非常に正確な方法論を開発するだろう」と言いました。

同社は、近い将来にLNGプラントの実際のデータを使用して方法論を検証することが目標と付け加えた。 ANREは、経済産業省の部門です。

この方法は、LNGの生産と流通のすべての段階での排出削減を促進するために、国際的に比較することができ、新たな開発をよりきれいにし、新しいプロジェクトが資金を確保することができるようにすることを目的とする国土部の関係者は言いました。

Hosakaは「LNGは、日本とアジアのエネルギー変換のための重要な資源であり、よりきれいに開発し使用します。」と言いました。

1年半島足らず現物LNG価格は史上最低値で最高値を更新しており、市場はファンデミクの影響で初めてグラグラながら、現在は世界的な需要の回復を追いつかずにいます。 続きを読む

Hosakaは1月のアジアLNG市場のタイトさと最近のLNG価格の高騰は、生産への投資縮小がガス市場を不安定にさせたという事実を強調しないと言いました。

大林優香の報告; Jan Harveyの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ツイッター、有料ユーザーのための「送信キャンセル」機能ナビゲーション

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close