技術

日本の国境を越えた電子商取引は、円の値下がりでブームを起こしている。

日本の国境を越えた電子商取引は再び活況を呈しており、多くの小規模企業が市場に参加し、円の急激な下落と情報技術の発展を利用して、買い手とより簡単にコミュニケーションし、税関書類を処理できるようになりました。

米国と中国は日本製品の最大の市場です。 経済産業省によると、2021年の中国オンライン売上高は前年比10%増加した2兆1300億円(143億7000万ドル)、米国の売上高は26%増加した12億2000万円を記録した。 200,000円未満のオンライン取引は統計から除外されますが、合計額は同年の日本全体の輸出の10%に相当します。

全体の売上も増加している。 ビノース(Beenos)によると、2022年1~6月の円安売上指数は2020年の同期間より80%、5年前より3.7倍増加した。 、日本で最高のクロスボーダー電子商取引サービスプロバイダ。 東京企業は、3,000社以上の企業が海外で商品を販売するのに役立ちます。

日本のおむつやその他の日常用品に対する強い需要は、2015年頃の国境を越えた電子商取引のブームを引き起こしました。 しかし、ビノスの社長であるショタ・ナオイによると、今回はアクセサリーや時計を含む贅沢品が販売を主導しています。

円の急激な弱気のおかげで、日本の製品は今や海外でより安くなっています。 ビジネスパートナーのデータを集計したビノースによると、インフレにもかかわらず、日本商品に対する顧客一人当たりの平均支出は、2020年上半期以来2年ぶりに4%増加にとどまった。 Beenosによると、海外でオンラインで商品を購入する米国の消費者の約26%が日本製品の支出を増やしました。

円は10月17日ドルに対して149をしばらく超えて32年ぶりに最低値を記録しました。

大阪のカーテンメーカーであるクレナイは米国アマゾンで好調を見せている。 特に、同社は、ユーザーが外部を見ることはできますが、他の方向は見ることができない高度な「一方向」カーテンの需要が高いことに注目しました。 津田吉郎(Yoshiro Tsuda)クレナイ社長は「円安は私たちが利益を出すのに役立つ」と話した。

この記事は 日経アジア、政治、経済、ビジネス、国際問題のユニークなアジアの視点を持つグローバル出版物です。 当社の特派員と世界中の外部コメントはアジアに対する見解を共有し、Asia300セクションでは日本以外の11カ国で最も大きく、急速に成長する上場企業300カ国について深い報道を提供します。

購読する | グループ購読

弁当を販売する電子商取引サイトの京都ベースの運営者であるBertrandは、年初から月の売上が20~30%増加した1,200万~1,300万円を記録しました。 会社の社長であるThomas Bertrand氏は、円安がマーケティングや在庫の構築にさらに多くのお金を注ぐのに役立ったと述べた。

ITの発展はまた、小規模企業が国境を越えたビジネスに参入する障害物を下げました。 以前は、海外での販売を希望する場合は、製品説明の翻訳、顧客とのコミュニケーション、配送、および税関文書の作成の複雑さに対処する必要がありました。 しかし、今では、大規模なeコマース事業者とサポートエージェントが提供するサービスを利用することができます。

日本貿易協会(Japan External Trade Organization)の調査によると、小規模企業の48%が海外のeコマースを開始または検討していることがわかりました。 これは大企業より約10%ポイント高い数値です。

政府内閣府が発表した日本経済・公共財政に関する年次報告書によれば、企業が輸出を始めると生産性が向上する傾向がある。 ダイイチライフリサーチ研究所の上級エコノミストである熊野熊野氏は、次のように述べています。

日本はeコマースで他の国に遅れています。 OECDの調査によると、日本の小規模企業のうち、オンラインで商品やサービスを販売する企業は22%で、世界平均である31%未満です。 これは、円が永遠に持続しなくても日本の電子商取引が成長する余地があることを意味します。

バージョン この記事は2022年10月27日にNikkei Asiaで初めて発行されました。 ©2022 Nikkei Inc. All rights reserved.

READ  ウクライナの戦争と気候変動が原子力産業をどのように変えていますか?

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close