日本の国境取り締まりは、学生たちをリンボと経済に危機に陥る。

1 min read

日本がコロナウイルスを遮断するために国境を閉鎖してから2年が経っても約150,000人の外国人学生がまだ日本に入国することができず、人生を混乱させ、大学や企業に悩みを起こした政策のためにリンボに陥るあります。

大規模な研究室から小規模の私立大学まで、外国人の学生や研究者の不在が感じられ、日本が人口減少に対処するために海外人材と登録金の重要性を強調しています。

岸田文夫首相は、ウイルスを阻止する政策が普及してきたが、一部のビジネスリーダーは、特に労働市場が厳しい状況で経済的影響について警告した。

明確ではないのは、日本の「ソフトパワー」、特に世界的に学術的評判の長期的な打撃です。

研究機関であるRikenの遺伝学者Piero Carninciは、その影響を直接見ていると述べています。 日本は誘電体研究に不可欠な生物情報学研究者が不足しているが、過去2年間に外国人材とのギャップを埋めなかった。

60,000本の論文で受賞歴のある遺伝学研究を持っているRikenの副局長Carninciは、「私の研究室とこのタイプの分析センターは間違いなく遅くなっています。私たちは苦労しています」

「科学の国際化は確かに重要です。なぜなら、ある国ですべての専門知識を持っていないからです。」

多くの国がコロナウイルスを防ぐために国境を封じ込めました。

米国では、2020年秋の国際学生登録が前年比43%減少したのに対し、昨年は約80,000の移住労働者ビザが使用されず、期限切れとなりました。

しかし、日本は2020年3月からすべての新規非居住者を事実上禁止するG7国の中で最も厳しい国境で目立つ。 COVID-19目標がゼロである中国だけが主要経済でさらに閉鎖されました。

パンドンが高いです。 政府傘下の研究によると、昨年日本は注目すべき科学論文発表でインドに続き世界10位に落ちた。 20年前は4位でした。

「自分の目標」

日本の私立学校振興共済会の関係者によると、2021年の日本4年制私立大学のほぼ半分が1年の定員を満たしていなかった。 私立教育者。

日本留学生の減少が最大の理由だが、外国人留学生の減少も一緒に感じられたと関係者は語った。

100人以上の学界と国際関係の専門家が先週岸田に国境を再開するよう要請する書簡に署名しました。 閉鎖された人々は、日本大使館の外でデモを行い、学生と労働者を送り求めるオンライン請願には33,000人を超える署名があります。

政府は先週に例外を置いて87人の国営学生を許可すると明らかにしました。

最近、イギリスで研究職のために日本を離れた社会学者ウェスリー・チーク(Wesley Cheek)は、「数十年間ソフトパワーを上手に使った日本の巨大な自己目標」と話した。

「通常、日本で研究を続けるために研究費を申請した私のような人々は、近い将来のためにパスするだけです。」

留学生は日本でアルバイトをすることができ、伝統的に外国人労働者の入国を嫌う国でコンビニなどの場所で日本人が言う「就職」労働者プールを提供していました。

サービスおよび技術企業の国際雇用アドバイザーである芝崎洋平は、コロナ19以前にも労働需要を満たす外国人学生が十分ではなかったと述べました。

彼はファンデミック以前に日本に貿易・語学学校に通う学生が約170,000人ほどいたと推定し、ほとんどがパートタイムで働いていました。

外国のエンジニアを雇う電子商取引グループ楽天の三木弘市最高経営者(CEO)は、規制が実質的に効果的ではなく「経済にマイナスであるだけ」だから、見直さなければならないと話した。

長年の学業を夢見ている留学生の悩みは、心を痛めることができます。

ソーシャルメディアとのインタビューでは、彼らは深夜にオンラインで受講した授業料を支払い、奨学金を失い、数ヶ月間の変化を待つストレスについて説明しました。

一部は貯蓄を使い果たしました。 一部はあきらめて別の場所に行きました。

海外留学振興機関を運営するDavide Rossiは、日本がもはや東アジアで勉強し研究する主な目的地ではなく、より多くの学生が韓国に行っていると語った。

韓国の理科専攻者であるソン・スジン(20)は奨学金を失ったが、オンライン授業のためにラップ作業を試みます。 彼女は11月に再び日本入国が遮断されました。

ソン・ヘギョは「日本が本当に好きだったが、今は裏切り感がある」と話した。

READ  IOS 17.3盗難デバイス保護機能による現金とストレスを軽減する方法
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours