トップニュース

日本の地すべり:熱海救助隊員80人が行方不明の懸念調査

豪雨は東京から南西に約90キロ(56マイル)離れた静岡県熱海で強力な地滑りを引き起こした。 ソーシャルメディアに投稿された映像は、黒い水が山を越えて都市に墜落して近所の人が恐怖に飽き見守る中経路の家を破壊することを示しました。

警察、消防、日本の自衛隊員が大変時には危険な作戦に参加し、救助活動が週末を通して強化されました。 熱海市の関係者は13日、追加で13人が救助され、そのうちの一人は重傷を負ったが、後に死亡し、3人が死亡したと発表した。

関係者は、25人の生存者が構造されたが、80人はまだ説明されていなかったと付け加えた。 管理者は、以前に113人が行方不明になったと述べた。

現在説明されていない人の中には地滑り、当時の都市になかった可能性があると市の関係者は語った。 当局は、彼らの所在を確認するために努力していると付け加えた。

215人のうち135人の安全 熱海伊豆山地域の地すべり被害地域が確認された関係者は言った。

家と所持品をすべて失った島維持は妻と母と一緒にお友達の家に避難した。

島は「この地滑りは津波のように見えました。これは、大きな波のように雷のような音を出して地面に落ちていました。」とShimaは言いました。 「床が崩れて電気鉄塔が揺れていました。 “

Shimaは地滑りが墜落し、「公衆に泥だらけの化学的悪臭」があると付け加えた。

「すべてが瞬時に起こりました。」彼は家族の安全を優先して家を出るときの持ち物を持って来なかった付け加えました。

熱海市消防災難管理庁は、130軒以上の家屋が地滑りでさらったそう明らかにした。 管理者は、土曜日の人々を避難させ始めました。

熱海には3つの避難所があります。 熱海にある2つのプライベートホテルも562人を保護していると市の関係者は語った。

静岡知事の川崎克平太(Heita Kawakatsu)は日曜日の記者会見で、この地域の森林は、水を保持する能力を減少させた可能性がある森林伐採により地滑りが発生したかどうかを調査すると発表した。

菅義偉首相は土曜日の地すべり被害者に哀悼の意を表して、緊急救助隊員が命を救い、人命を救い、避難を助けるために最善を尽くしていると強調した。

シュガーは豪雨が全国各地に引き続き影響を与えると述べた市民に地域の危険度をチェックし、最新の天気情報や避難情報に細心の注意を払うことを求めた。

日本は過去10年間、毎年平均1500件の地滑りが発生する傾向があります。 これは、以前の10年に比べて約50%増加した数値です。 2020年、日本政府報告書によると、
地滑りのような洪水関連災害は、伝統的であるが国に深刻な危険です。 日本の人口の半分と国家資産の75%が洪水脆弱地域に集中しているからです。 専門家によると。
READ  Rurouni Kenshin:最終更新日:日本のアクション社は繁栄に終了します。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close