経済

日本の地価、2020年、6年ぶりに最初の年間下落 – 税務機関

日本の地価は2020年6年ぶりに下落した日本の国税庁は、木曜日コロナウイルス危機により、特に観光客に人気のあるエリアのホテルや住宅の需要が打撃を受けたと発表した。

大流行、低金利、以前は元の2020年に予定されていたが、今年に延期された東京オリンピックを控え、観光産業が活況を呈して建物が急増し、土地の価格が上昇しました。

しかし、政府が昨年、外国人観光客への旅行制限を課して、ウイルスを抑制するための緊急措置をとった後、経済が打撃を受けた。

平均地価は昨年、2015年以来初めて0.5%下落した。

低下は2019年の1.6%上昇から反転された。

税務当局は、毎年1月1日から土地の価格を評価して、不動産の相続税と贈与税を計算します。

税務当局の関係者は、「都心の観光地が減少した」と述べた。

調査の結果、全国47県のうち40県の土地価格が下落したり、停滞したが、7つの県は、価格が上昇するなど、全国のほとんどの地域で大規模な下落が影響を及ぼした。

日本で最も高価な位置である東京の華やかな銀座のショッピングエリアに位置する地域は、9年ぶりに7.0%下落した最初の価格下落を記録した。

地価の追加下落は、健康危機が米国のような他の主要経済国よりも遅い速度で回復されている日本経済に課す苦痛の証拠になります。

Kaori Kanekoの報告; Daniel Leussinkの文; 編集:Simon Cameron-Moore

READ  前沢優作:芸術が好きな日本の億万長者の宇宙飛行士

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close