トップニュース

日本の地震に続いて書きマニ警報

土曜日の夜、日本の北東部で規模7.2の地震が発生し、津波警報が急速に解除されました。

午後6時直後に襲った地震は、30秒以上持続され震源から数百マイル離れた東京で強く感じることができました。

気象庁によると、震源地は宮城県の海岸の海底から約35マイルの下にあった。 当局は、最初に、約3フィートの津波の可能性について警告したが、すぐに警告が解除されました。

公営放送NHKによると、午後7時30分現在、少数の人々が軽傷を負った。

クレジット…米国の地質調査

この地震は、2011年の大地震と津波10周年が経過してから一週間余りが過ぎた後、北東にある福島県荒廃させ三重核爆弾をもたらしました。

NHKは福島のすぐ北にある宮城の一部の地域で停電になったと述べた。

福島の障害発電所を維持する東京電力会社はTwitterを使って被害を確認していると明らかにした。 別のユーティリティであるTohoku Electricは宮城海岸の原子力施設の状態を確認していると書いている。

JR東日本は、東北地方で運行される高速鉄道システムの一部のサービスを一時的に中断したと発表した。

Hikari Hida 寄与報告します。

READ  日本代表MF奥雅也追加招集を見送り、音声確認も「安心・安全を最優先」(朝鮮日報) - Yahoo! - スポーツナビ

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close