経済

日本の地震:死者を見て、首相の発表

東京 – 土曜日夜遅くに日本の東全域の広い地域を大きな地震が発生しましたし、その震源地は、ほぼ10年前の地震と津波の後の3つの原子炉が溶け出した近くの福島沿岸で震源地でした。

菅義偉首相は日曜日の午前現在、地震による死者は報告されなかったと述べた。 しかし、国営放送NHKによると、100人を超える人々が負傷した。

地震により福島全域に約100万世帯に電力を供給できず、道路の閉鎖と列車の運行が中断されました。 威嚇住民が余震に備えている間地滑りで福島県を介してメイン動脈塊が切れました。

日本の気象庁は、地震の震度を7.1の初期評価で7.3で見ましたが、津波の危険性はないと明らかにした。

東日本大震災と福島原発災害で知られている10周年になるし月もたたないうちに、地震は北海道から遠い北から西日本の与えク地域まで広がっている地域を揺るがしました。

東京大都市は午後11時08分から約30秒間の地震を感じたが、福島と宮城では、最も強力な揺れを感じました。

この地震は、2011年に日本を荒廃させて16,000人以上が命を失った多くの強力な8.9-震度の地震と津波を連想させるしました。 以後、福島で発生した原発災害後の164,000人工場周辺で避難したり、避難しました。

大きな被害はないようでしたが、日曜日の朝コメントでシュガー氏は住民に余震に備えて予防措置をとると警告した。

「次の週の間には、似たような規模の地震が多く発生する可能性に注意を払う」と彼はなお、「過失はありません」と付け加えました。

一連の小さな余震が日曜日終日福島地域を襲っており、最大の余震が午後4時30分頃に発生しました。

声明では、この地域の高速列車システムを管理する会社であるJR Eastは被災地にサービスを復元するために、最大10日かかることができると述べた。 会社のウェブサイトの写真には、地震で半分に切断された列車の路線に沿って電柱があった列車の高い線路を支持するコンクリート構造物に大きな亀裂があった。

福島にある2つの障害原子力発電所から出る排水を保存する排水タンクは、発電所を維持する東京電力会社(Tepco)によると、わずかな被害を受けました。 会社側は深刻な問題がないことを確認した後、午後の半ばに高まっ警報状態を終了したと付け加えた。 また、昼下がりまでほとんどの家庭に電力が回復されたと言いました。

土曜日の地震は、東京と他の9つの大きな県コロナウイルスを絶縁するために緊急事態に直面しています。 住民は自宅で仕事を夜に外出しないようにお勧めします、レストランやバーは、毎日夜8時にドアを閉じます。

日本も2020年から1年延期された夏季オリンピック開催を準備している。 オリンピックは7月23日にオープンする予定だ。

国務総理室はすぐに危機管理室を新設し、Tepcoは、2011年の災害後の障害が発生し二つの原子力発電所からの放射能漏れがないことを確認するために、福島の監視所をチェックしていると明らかにした。

真夜中直後に、公営放送NHKはTepcoが、2011年に崩壊が発生した第一原子炉や福島の数マイル離れた所だだから工場で「主要な異常がない」を検出したと報道しました。

Tepcoは日曜日の早朝に使用済み核燃料棒を保存し、いくつかのプールの水がDai-ichiとDai-ni発電所の原子炉内部のプールデッキに跳ねることを発見したと発表した。 しかし、Tepcoは、原子炉の外に水が漏れていないと述べた。

Tepcoはまた、Dai-ichi現場に保存された汚染水路満たされたタンクからいくつかの小さな漏れがあったが漏れは小さい区域内に含まれたと報告しました。

西海岸のKashiwazaki-Kariwa原子力発電所は、被害を受けなかったとNHKは報道した。

菅義偉首相の加藤甲信内閣秘書官によると、被災地全体で約95万世帯が電力を失ったとします。 彼は福島県にある2つの火力発電所がオフラインと述べた。 複数の新幹線路線が停止しました。 数十世帯の人々が福島のいくつかの都市の避難所に避難しました。

午前2時の直前の記者たちに送る短い発言でシュガーは住民に外に出ないで余震に備えよう忠告した。

NHKの東京大学地震研究所教授である隆フル村(Takashi Furumura)は、この程度の規模の地震が2〜3日以内に同規模の他の地震につながる可能性があると警告した。

日本の気象庁は、地震の震源地は福島の海岸から約60km(約37マイル)、深さは約34マイルと述べた。 陸地で最も強い強度は6+であった。

記者会見で、気象庁の管理人紀子カーマヤは住民が、今後数日間規模6のように強い余震に備えなければならないと述べた。 彼女は土曜日の夜の地震自体を、2011年の地震の余震と描写しました。

2011年の原発事故の後、避難した福島町の一つである南相馬(Minami Soma)でNHKは土曜日に約30秒間激しい揺れが続くされたと報じた。

翻訳文学全国ドソサンを受賞した「東京上野駅」の作家、 Twitterに投稿された写真 彼女の近くの家にある本棚が崩れて床に本が散らばっている姿を見せてくれています。

共同通信は、日本東海岸の福島と宮城の地域で50人が負傷したと報じた。

施設を管理する会社によると、土曜日の夜に日本を襲った地震は、2011年の災害で破損福島原子力発電所の排水を入れたタンクにわずかな被害をもたらしました。

このタンクは、約百万トンの汚染された水を保存する1,000個のいずれかです。 彼らはほぼ10年前に福島県の海岸を襲った大地震と津波の後溶け出した3つの原子炉の敷地の近くにあります。

タンクに保存された廃水は、福島の原子炉で溶解した燃料を冷却するために使用され、これは削除するには、あまりにも熱く放射性です。 日本経済産業省は、有害物質を水でろ過出し徐々に海に放出したり蒸発させるように提案しました。 環境活動家や地域の漁村の反対にぶつかったアイデアです。

日曜日の朝、東京電力会社(Tepco)は声明で、少量の調査された水がタンクのいずれかの底の部分にあるフランジの周りの鉛筆のように細い亀裂数個から漏れてい埋めることができる十分な液体を放出したと言いました。 コーヒー一杯。 漏れは隔離され、危険ではないと述べた。

第二の場所の使用済み核燃料プールからの2リットル未満の汚染された水が飛び出し、液体が含まれていると付け加えた。

会社側は、原発や廃棄物処理場で他の異常は発見されなかった継続検査をしていると明らかにした。

過去10年の間に約12件の強力な地震が日本を襲っており、そのうちのいくつかは、日本の一部を振って数多くの建物を破壊した津波と地滑りを引き起こしました。

2016年には九州の南の島に2回の地震が発生し、40人以上が死亡しました。 二つの中で最も大きいのは7.0の進歩を記録して、土​​曜日に感じた地震の強さに近く、いくつかは、山間地域での火災や土砂崩れで死亡しました。

2018年北海道北部の島で発生した大地震で地滑りが触発された後、数十人が死亡して数百万人の家での電力を失った。 夏物地震は25年ぶりに記録された最大の台風が日本を襲ったか、数日後に発生しました。

Makiko Inoue、 Hisako Ueno、 Hikari Hida と エルリアンペルチェ 寄与報告します。

READ  1年後、日本の電力ギフトのEEX市場リーダー

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close