日本の坂本、56年ぶりに女性初のスリーピット達成 – スポーツトゥデイ

Estimated read time 1 min read

スポーツ


日本の坂本、56年ぶりに女性初でスリーピット達成






(ロイター) – 日本の坂本香織(Kaori Sakamoto)が金曜日モントリオールで優れた演技でフィギュアスケート世界タイトルを維持し、1968年アメリカのペギーフレミング(Peggy Fleming)以来3連覇を達成した最初の女性となりました。

坂本はショートプログラム以降4位に上がったが、23歳の坂本はLauryn Hillの「Wild Is The Wind/Feeling Good」に合わせて眩しいフリースケートに乗り、1966年から68年まで3回の世界タイトルを獲得した1968年オリンピックチャンピオンのフレミングとの試合を手伝いました。 。

北京オリンピック銅メダリストの坂本のランニングはダブルアクセルとトリプルラッツで始まり、一連の複雑なコンビネーションジャンプがベルセンターの観客から大きな拍手を受けました。

222.96点を獲得した坂本は「ショートプログラムで4位をして少し不安だったが、今日は感情的に本当に良い位置にいた」と話した。 「今日は落ち着くことができました。集中力を維持しながら、順番に私の役割を果たすことができ、この結果に満足しています」

2022年、ジュニア世界チャンピオンアメリカのイザボ・レヴィト(Isabeau Levito)が212.16点で銀メダルを獲得し、韓国のキム・チェヨンが203.59点で銅メダルを獲得しました。

ショートプログラム後に先頭を走っていたベルギーのロエナ・ヘンドリックス(Loena Hendrickx)はトリプルフリップを試みて転落し、4位を占めた。

金曜日の午前には、ベテランアイスダンスデュオMadison ChockとEvan Batesが世界選手権大会でリズムダンスルーチンで90.08点を獲得し、アメリカチームが第2連続世界タイトルを獲得することになりました。

イタリアのシャルリン・ギナール(Charlene Guignard)とマルコ・ファブリ(Marco Fabbri)は87.52点を記録し、2位を占め、ホーム人気チームであるカナダのパイパー・ギルズ(Piper Gilles)とポール・ポイリエ(Paul Poirier)は土曜日フリーダンスを控えて86.51点で3位を占めました。

Queen、Chock、Batesの音楽に合わせて演奏する、ソフトなツイズルシーケンス、仕上げの回転リフト、生意気な姿勢で観客から歓声を上げました。

ベイツは「私たちはそこに出て、それが安いように聞こえることを知っていますが、私たちの人生の最高の時間を過ごすために」と言いました。 「私たちは長い間モントリオールの世界選手権を期待してきました。第11回世界選手権大会のためにここに来て、健康でまだすべてを楽しんでいることは最高の勝利です。」

31歳のチョークと35歳のベイツは、2018平昌オリンピックで失望した成績を収めた後、モントリオールに移住しました。

昨年日本で開かれた初の世界選手権優勝と12月初のグランプリ決勝戦で優勝した。

'; var i = Math.floor(r_text.length * Math.random()); document.write(r_text[i]);

READ  日本の旅行禁止、リンボーでアメリカの野球選手移籍
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours