日本の執権自民党が再保線で議席2席のうち1席を失った。

1 min read

東京 – 早期結果によると、日本の執権自民党が日曜日の再保線で確保する議席2席のうち1席を失い、萎縮した経済を支えるために苦軍奮闘している岸田文夫(Kishida Fumio)首相内閣に打撃を与えた。 。 値上げで。

徳島高知地域参議院の補欠選挙では野党が支持する無所属候補が勝利し、長崎中議員4番選挙区では自民党候補が第1野党政治家に勝った。

自民党は、部分的に最近の費用引き上げインフレと低迷賃金引き上げに対する大衆の不満のため、岸田内閣に対する支持率が2021年10月に執権して以来、最低水準に落ちたにもかかわらず、両議席を維持することを望んだ。

保守自民党内の健健派性向の岸田議員は、10月に新たな景気扶養策を設け、金曜日から始まった臨時国会でこれを支援するため、2023年度3月までに秋景予算を提出すると約束しました。

2022年2月、ロシアのウクライナの侵攻により引き起こされた物価の上昇によって消費が萎縮し、岸田首相は税の減免を施行しようとしたが、野党議員はそのような措置が有権者の支持を高めるために提案されたものにすぎないと述べた。

一方、政府は今後5年間、日本の年間国防費をNATO加盟国と同等の国内総生産(GDP)の約2%に2倍近く増やす計画を満たすために税金を引き上げると約束しました。

専門家たちは、岸田首相が2024年9月頃、自民党大統領選挙を控えて自身の政治的基盤を強化したいと考えているため、最近の世論調査の結果が即座選挙のために衆議院を解散することになった岸田首相の決定時期に影響を及ぼす。できると言いました。

徳島高知地域には、自民党が野党連携パートナーである小明堂の支援を受け、元高知県議会議員の西内元を起用した。

西内は他の反自民党政治勢力の支持を受けて出馬した第1野党立憲民主党の元衆議院議員である無所属候補の広田ハジメに敗北した。

参議院議席は6月、高野高地で自民党議員が自身の秘書を暴行した事実が暴露された後、辞任した後空席になった。

九州南西部本島の長崎第4衆議院選挙区の補欠選挙は、去る5月、自民党の北村瀬後地域創生担当相が死亡したのに続いて行われた補欠選挙だ。

与党は元農林部長官であり、長崎知事の息子である金子庶助を起用した。

左派性向のCDPJは2021年10月、総選挙で比例代表下院議員に当選した後、地域区経線に出馬することを決定した修津区清一を支持した。

READ  日本、キシダ&モディで420億ドル投資、関係深化
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours