スポーツ

日本の埼玉は3×3クエストを支配します。 マニラ・チャックス、準決勝脱落

東京オリンピックのトモヤ・オキヤイと日本の埼玉は、マニラチョークが最高のフィリピンチームとして浮上し、3×3インターナショナルクエストの王冠を獲得した。

フィリピン、サンタローザ – 日本の埼玉は9月16日金曜日の夜決勝戦でモンゴルのZaisan MMC Energyを20-13に征服した後、2022 Chooks-to-Go Pilipinas 3×3 International Questを一掃して初のメジャータイトルをチャ。 ここはラグーナのAyala Malls Solenadです。

新たに構成されたチームは、規模とスピードを活用してより多くの支出をする敵に対抗し、5試合で1日大会を無敗に支配し、US$10,000を獲得しました。

「2019年に話し、もう一度話します。私はフィリピンを本当に愛しています」 日本の第6選手であり、最初のChooks-to-で優勝したTokyo Dimeチームの一員であるTomoya Ochiaiが語った。 2019年にアジア太平洋スーパークエストに戻ります。

「新しいチーム、私たちがマスターズに進出して本当に気分がいいです。 興味深いでしょう。」と35歳の3×3専門家が付け加えました。

最も重要なのは、アルファが今月のChooks-to-Go FIBA​​ 3×3 World Tour Cebu Mastersとモンゴルの相手チームに向けられたことです。 2つの決勝進出者は、最大レベルのトーナメントの最後の数桁のうちの2桁を獲得しました。

埼玉が本船調抽添石を獲得し、西山が予選調抽選に出る。

4位に進出した唯一のフィリピンチームであるManila Chooksは、17-15でZaisanに密接にひざまずいて勝利のための入札を終えました。

Chico Lanete、Henry Iloka、Dennis Santos、Dave Andoの4人組は、Cebu ChooksとButuan Chooksがグループリーグで惨めな敗北を受けた後、キャンペーンを終えて最後の段階に進出した唯一の現地チームでした。

埼玉のそびえ立つセンターテオドール・アタナソフ(Teodor Atanasov)が8得点で決勝で道を立ち、若いキャッチャー小沢涼(Ryo Ozawa)が6得点で勝利した。

OchiaiとMarko Milakovicは埼玉のためにそれぞれ2点ずつチッピングを行い、序盤にニップアンドタック問題に関与した後1分17秒だけ残った状態で8点に先んじていました。

Ulzii-Orshikh Myagmarsurenは6点にZaisanをリードし、Ganbaatar Nyamdorjは5点に敗れ、US $ 5,000に合意しました。

二つのクラブはすでにBプールですでに戦っており、日本側が20-11で勝利していたので、実際におなじみの敵の出会いでした。

しかし、ザイサンは準決勝でマニラチョークを獲得した後、チャンピオンシップラウンドに初めて進出した。 Saitamaは延長戦でUlaanbaatar MMC Energyを18-16に追い越し、その後に続いた。

レベル8のFIBA 3×3トーナメントの決勝戦に出場することで、2人の選手は10月1-2日にセブマスターズでUtsonomiya、Sansar、Antwerp、Riga、Amsterdam、Jeddah、Lausanne、Omaha、Ludhiana、Dohaに加わります。

スコア

決定的な

Saitama 20 – Atanasov 11, Milakovic 4, Ozawa 3, Ochiai 2.

Zaisan 13 – Myagmarsuren 6, Nyamdorj 5, Chuluunbaatar 1, Batsaikhan 1.

準決勝

Zaisan 17 – Myagmarsuren 13, Nyamdorj 3, Chuluunbaatar 1, Batsaikhan 0.

マニラ 15 – Iloka 10, Santos 2, Ando 2, Lanete 1.

準決勝

埼玉18 – ミラコビーチ8、小沢6、オチアイ2、ミラコビーチ2

ウランバートル16 – Enkhbat 8​​、Davaasambuu 7、Gotov 1、Tsogt 0。

– ラッパードットコム

READ  台湾でジョーダン・ヘディング、日本長崎入団B.リーグ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close