エンターテインメント

日本の外交官Chiune Sugihara、第二次世界大戦当時のユダヤ人難民にビザを発給した功労で栄誉 – Pasadena Star News

7月29日の記者会見で、日本とユダヤ人共同体の代表者は、第二次世界大戦でナチスドイツを脱出したユダヤ人の命を救うために何千ものビザを発給した日本の外交官杉原千畝の人生を覚えてたました。

この式典は、カリフォルニア州2021年7月29日の決議に「杉原ビザの日」に指定された後に行われました。 決議によると、杉原は1940年に日にビザ発給を開始して2,140人のユダヤ人が迫害を避けることができました。

しかし、世帯主に家族全員査証が発給されるため、得られた人命被害ははるかに多いものと推定される。

日本の外務省が作成したパンフレットによると、1939年杉原は、リトアニアカウナス日本領事館の副領事がしました。 程なく、ポーランドから来たユダヤ人難民が日本を経由して他の国に避難することができるビザの乗り換えビザを取得するための領事館に集まり始めました。

によると、 ユダヤ人の仮想ライブラリは、ほぼ一ヶ月Sugiharaと彼の妻Yukikoは個人的に、一日に300個以上のビザに署名しました。 高速東に進撃しているナチスを回避しようと必死に避難民が領事館の複合壁を登る始めたとき、杉原は、外部からのそれらを満たすビザ発給のために最善を尽くしと約束しました。

日本外務省は杉原に最終目的地までの入国手続きを終えて旅費が十分な人々に軽油ビザを発給するよう指示した。 それにもかかわらず、杉原は、これらの要件を満たしていない申請者に渡さビザを発給しました。 これは、政府を無視する危険措置でした。

日系アメリカ人の文化とコミュニティセンターの会長兼CEOであるPatricia Wyattは彼の努力が「国家全体に変化をもたらしました。

Japan House Los AngelesのYuko Kaifu会長は杉原のビザが命を救うたので、「終身ビザ」で知られるようになったました。

連写はSugiharaの行動が持続的な影響を与えることに同意しました。 彼の努力は「時間と空間を超越する」とKaifuは言いました。 「杉原の遺産は日本人とユダヤ人共同体の間の友情を育てることができました。」

リトアニアでビザを受けたユダヤ人難民は、カウナスでモスクワに逃げた。 そこで彼らは、シベリア横断鉄道に乗って、ロシア東部のウラジオストクまで行きました。 そこで彼らは、海に乗って日本に旅行しました。 多くの人が数ヶ月の間に、日本の神戸に滞在することを許可されて上海、中国、米国またはカナダに送られました。

READ  伊藤健太郎氏「広告契約価格は2000万円、「スポンサー5つを直撃...どのように賠償金| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close