トップニュース

日本の外国人入国者オンライン手続き開始

日本政府は来週、入国制限緩和を控えて外国人入国者へのオンライン手続きを金曜日に開始した。

必要な手順は保健省のWebサイトからアクセスでき、入国者、帰国者追跡システム、またはERFSによって運営されています。

日本はコロナウイルスのオミクロン変種に対する措置の一環として、外国人の新規入国を根本的に禁止しました。 しかし、来週の火曜日から制限が緩和されます。

外国人の入国を容易にする学術機関および事業体は、入国者のパスポート情報と、日本到着後の自己隔離場所を事前にERFSシステムに登録する必要があります。

主催機関はまた、参加者が徹底した感染防止対策を実施することを約束することに同意する必要があります。 在外公館でビザを申請するには手続きが必要です。

オンラインサポートは24時間受付されます。 保健省関係者は、ビザ申請後、早ければ1週間後にビザが発行されると明らかにしました。

外国人と主催側では手続きの開始を歓迎しているが、一部では航空券前売が可能か懸念している。

1日入国限度は日本人を含めて3,500人から5,000人に引き上げられますが、外国人観光客は除外されます。 政府は、日本国内外の感染状況と帰国を望む日本国民の要求に応じて、追加の規制緩和を検討する予定だ。

READ  日本、毎日554人のCOVID-19事例記録、オミクロン拡散後最高

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close