スポーツ

日本の外国為替市場介入の歴史

(ロイター) – 日本は金曜日の円急落の警告を拡大し、政府と中央銀行の珍しい共同声明でこれらの動きに「懸念」を表明し、投資家が介入の可能性を警戒させた。

日本が外国為替市場に直接介入して10年を超え、自国通貨を支援するために介入して20年を超えた。

以下は、日本銀行が選定したFX市場の動きのタイムラインです。

(グラフィック、日本の円介入の歴史:https://fingfx.thomsonreuters.com/gfx/mkt/xmpjoykbovr/Pasted%20image%201650518854154.png)

1973 – 日本の通貨当局は、円が米ドルに対して自由に変動することを許可することを決定します。

1985 – G7の前身である5つの産業国家グループは、ドルが過大評価され、弱気を取ることに同意するプラザ協定に署名します。

1987 – 2月に、G7諸国のうち6カ国が通貨を安定させ、ドルの広範な下落を止めることを目指すルーブル協定に署名しました。

1988 – 1月4日、ドルは東京貿易で第二次世界大戦後の最低点である120.45円に下落します。 日本銀行はドルを買い、円を売るために介入する。

1991 – 1992 – 日本の銀行が円の援助のために介入し、米ドルを販売します。

1993年 – 日本の銀行は、年間を通じた円を売り上げ、強勢を抑える。

1994年4月 – 1995年8月 – ドルはドイツのマルクに対して史上最低値、円に対して戦後最低値に下落しました。 アメリカはしばしば日本とヨーロッパの中央銀行と一緒にドルを支えるために繰り返し介入します。

1997 – 1998 – アジアの金融危機のために、米国当局が日本の銀行に加入して円を購入したにもかかわらず、8月に円はほぼ148ドルに下落しました。

1999年1月〜2000年4月 – 日本銀行は、円高が経済回復を窒息させるという懸念のため、連邦を通じて一度、ヨーロッパ中央銀行を通じて一度を含めて少なくとも18回を売りました。 円は引き続き強気を示しています。

2001年9月 – 日本の銀行は、米国で9.11テロ以降の円売りのために介入します。 ECBとニューヨーク連盟はどちらもBOJに代わって運営されています。

2002年5月〜6月 – 日本の銀行はしばしば連邦政府とECBの支援を受けて円の販売のために介入します。 円は引き続き強気を見せています。

2004年3月 – 日本が介入に合計35兆円または3千億ドル以上を支出する円高を抑制するための15ヶ月間のキャンペーン終了。

2010年9月15日 – 日本は6年ぶりに通貨市場に介入し、ドルが15年最低値の82.87円に達した後、通貨の上昇を防ぐために円を売りました。

2011年3月18日 – 日本企業が再建費用を支払うために外国資産を本国に送還するという推測にG7国家が共同で円高を阻止するために介入します。

2011年8月と10月 – 日本は、3月の地震と津波によって引き起こされた経済低迷からの回復を妨げると懸念する利益を抑制するために、管理者が介入します。

(トムウエストブルック編集)

READ  COVID-19の抑制は中国を世界のスポーツ地図から押し出します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close