経済

日本の大企業のほぼ30%が緑の投資を増やす計画です。

日本全域の大手のほぼ30%が二酸化炭素の排出を減らすための技術のための資本投資を拡大する計画だと、最近の調査によると、炭素のない社会を実現するための世界的な努力を反映します。

日本の開発銀行が実施したアンケート調査によると、資本金10億円(900万ドル)以上の大企業で定義されている約1,000個の大企業のうち27%が電気自動車や再生可能エネルギー。

メーカーは特に脱炭消化関連投資を増やすために夢中になっており、輸送機械産業で46%、化学工業で43%がそうするだろうと言いました。

調査によると、回答者の約33%が炭素ない社会に向けたグローバルな傾向を事業拡大の機会として見ていることに気づいた。

地域別では、東京とその周辺地域の太陽光発電投資計画、東北地域の洋上風力発電の投資計画、四国地域の電気自動車のバッテリーの投資計画がある。

脱炭消化を模索する企業が直面する課題のうち、約45%は、開発コストが懸念されると言いました。

COVID-19拡散の影響は、特に非製造業の設備投資に影響を与えることができ、国営日本の開発銀行は、利益が減少した場合、投資が減少することがと言いました。

誤った情報とあまりにも多くの情報が共存する時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます。

今予約購読

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  アジア市場反発、米中の緊張が経済楽観論を選別する

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close