日本の大型航空会社、従業員の嫌がらせを根絶するために力を合わせる。 JAL、AN​​A、従業員保護ガイドラインを発表

1 min read
読売新聞資料写真
2023年10月、北海道新千歳空港に日本航空と全日本空輸航空機が見られます。

ANAホールディングス株式会社と日本航空(JAL)は、金曜日に従業員を顧客の不当な要求から保護するのに役立つガイドラインを共同開発したと発表しました。

航空会社は、用語の明確で共通の定義と分類を提供することによって、業界が「顧客の嫌がらせ」として知られているものにより容易に対応できるように基本方針を策定したと述べた。

ガイドラインによると、お客様の嫌がらせは、「顧客が優位な地位を利用して違法行為を犯したり、不当な要求をして職員の業務環境を害する行為」と明示されています。 この方針は、会社がこれらの行為に組織的に対応することを明確にしています。 ガイドラインの具体的な行動は、言語的虐待、暴行、セクハラを含む9つのカテゴリに分類されます。

このポリシーはまた、会社の規制を超えた報酬の要求や座席のアップグレードなどの「過度の要求」の例を提供します。 搭乗券詐欺の使用や、荷物の損傷に対する虚偽の主張などの「従業員欺く」行為も含まれます。 「セクハラ」には、許可されていない写真撮影、わいせつな行為、従業員に従う行為が含まれます。

ガイダンスが発表される前は、会社に統一された規則基準はありませんでした。 不合理な行為の定義を明確にすることで、一線職員は乗客の言葉や行動がいじめに該当するかどうかをより容易に判断することができます。 また、ガイドラインを制定したのは、お客様にルールを認知させ、いじめが発生する前に予防しようとする意図もあります。

ANAとJALは、それぞれ昨年度に会社内で顧客嫌がらせ事例が約300件発生しました。 両社の労働組合が加入した日本航空産業労組連合会が行った2022年の調査によると、乗組員の70%以上が勤務交代中に許可なく観音的に写真やビデオで撮影されたか、そう思ったことがあると答えました。 従業員の37%は1年以内に顧客の嫌がらせを受けたと答えました。

「産業の魅力が落ちると、その分野で働きたい人は減ります。 これは解決せずに残すことができない問題です。」

READ  日本の大学は、新しいがん治療研究所設立
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours