技術

日本の大学、コロナウイルスの突然変異のためのより迅速な分析を開発 – 科学技術

日本の大阪大学と北海道大学は新型コロナウイルスの遺伝的変異を、従来の方法よりもはるかに高速分析することができるシステムを開発した。

研究者は、このシステムがCOVID-19の新しい治療薬や予防措置の開発を促進することを希望すると述べています。 ジョンズ・ホプキンス大学のデータによると、このウイルスは、4月末現在、全世界で310万人を超える命を奪った。

研究者は、DNAの小さな部分を増幅する技術であるポリメラーゼ連鎖反応(PCR)を使用して分析のためにCOVID-19の原因物質であるSARS-CoV-2の感染性クローンを作成するための簡単で効率的な方法を確立することに成功ししました。

彼らの研究結果は、4月の科学誌Cell Reportsに掲載されました。

コロナウイルスは、大きなゲノムを持っているので、従来の突然変異の研究方法は、複雑で時間がかかり、一般的に数ヶ月がかかりますが、研究グループのアプローチは、日本西部と北部の大学によると、2週間に短縮されました。

この研究の主著者であるShiho Toriiは「この方法を使用すると、SARS-CoV-2で変異の生物学的特徴を迅速に調べることができます。」と言いました。

厚生労働省のパネルは、4月末に独特の突然変異の伝染性の高いコロナウイルスの亜種が日本西部の大阪と兵庫県の他のバージョンのウイルスを置換するために近づいたし、東京でも拡散が加速していると指摘しました。

その出現は突然変異が実際に何を意味するのかと、既存のワクチンの有効性に影響を与えることができるかについて国民の間で疑問を提起しました。

研究によると、米国の製薬会社であるPfizer Inc.とドイツのパートナーであるBioNTech SEが開発したワクチンは、これまで日本で承認された唯一のCOVID-19ワクチンで、英国で知られているよりも感染が高いB.1.1.7を含むコロナウイルスバリアントに効果的だとします。 他の。

研究者によると、ウイルス変異遺伝子の各変異の機能を理解するためには、変異で組換えウイルスを作成し、親ウイルスと比較して生物学的特徴を調査することが不可欠である。

PCRベースの無細菌システムを介して、研究者たちは、円形ポリメラーゼ延長反応(CPER)を活用した方法を使用して生成された変異体が組換えウイルスの生物学的特徴をモデルウイルスと比較して、迅速に調査することができるとToriiは付け加えた。

研究チームは、CPER方法について高い期待を持っている。 病気の原因となることができない組換えウイルスを生成することができ、抗ウイルス薬はもちろん、安全で効果的なワクチンの開発に貢献することができるからである。

READ  Apple SiliconベースのMac、3モデル徹底比較M1の性能は意外 "ほぼ"(ホンダ雅一) - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close