経済

日本の大学は、新しいがん治療研究所設立

大阪 – 大阪府関西医科大学は、来年4月に光免疫療法と呼ばれる新しい癌の治療に焦点を当てた世界初の研究所を設立する予定です。

光免疫療法を開発した米国国立衛生研究所主任研究員小林久タカ博士が西日本研究所長となる。 彼は月曜日の記者たちにこの治療法が様々な癌患者に新たなオプションを提供するためにアンミョンアムと頸がんだけでなく、乳癌患者に最初に適用されることができると述べた。

5番目のがんの治療に請求される光免疫療法で手術、放射線、化学療法、および免疫療法と一緒に患者に特定の癌細胞に結合する特殊な薬物を投与して、薬物が近赤外線レーザーに反応すると、その細胞が破壊されます。 ライト。

新しい治療法は、Kobayashiが発明し、特許のライセンスを取得した日本のインターネットの巨大Rakuten Groupの米国子会社であるRakuten Medicalの全身が開発しました。 この治療法は、当時のアメリカのバラク・オバマ大統領が2012年の国政演説で言及するとき、注目を受けました。

Rakuten Medicalが米国で実施した臨床試験によると、既存の治療法が効果がなかった30人の頭頸部がん患者のうち13人ががんが消えたり減り、成功率は43%でした。

昨年9月には、Rakuten Medical Japanは、日本での製造と流通ライセンスを取得した世界初の企業となりました。 治療法は、日本だけで承認されました。 3月中旬現在千葉県国立がんセンター病院東部と愛知県愛知がんセンター病院など全国20以上の病院で光免疫療法が導入された。

関西医科大学が設立する研究所には約30人の研究員がいます。 光線免疫療法は、現在、レーザービームで簡単にアクセスすることができる頭頸部がんの治療に制限されます。 研究所は、大腸癌および皮膚癌患者に治療の範囲を広げるための研究を行う予定である。

レーザービームが内視鏡で体の奥を調査して、一般的な免疫力を調整して、副作用を抑制することができるように技術開発が必要です。

小林は「光免疫療法は、乳癌、食道癌、子宮頸がんの患者に有望な治療法であるが、今後のがん患者の80%に効果があるようにしたい」と語った。

光免疫療法は、2018年のノーベル生理学医学賞を受賞した京都大学本庄介教授が開発した革新的な抗がん剤オディーヴォと一緒に使用することができます。

研究所はまた、臨床試験を行うでしょう。 小林は「特に高いレベルの臨床試験でRakuten Medicalと手をつないでいきたい」と語った。

楽天メディカルジャパンの関係者は、「私たちは、可能な限り、がん治療剤の開発を支援したい」と語った。 治療効果を高めるために、この会社は、関西医科大学臨床科と協力して、患者の癌組織を確認します。

光免疫治療剤の価格は、患者の体型に応じて異なりますが、1回の投与量は、平均400万円($ 36,500)程度であり、最大4回まで使用することができます。 患者が負担する最大の医療費は国民医療保険やその他の保険に応じて、1回当たり約30万円に制限されます。

Rakuten Medicalは以下の環境での光線免疫療法の臨床試験を進めています。 頭頸部がんおよび皮膚癌患者のための米国の免疫製。 イースト国立がんセンター病院は、食道がん患者を対象に、医師主導の光免疫療法の臨床試験を進めており、胃癌患者も進行する計画だ。

READ  Meesho、SoftBank主導で3億ドル調達

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close